주요 기사 바로가기

韓国証券市場、中国不安でも久しぶりに上昇…外国人離脱は依然負担(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.26 16:12
0
韓国株式市場の「主力」である大型輸出株も久しぶりに伸びた。ウォン安に後押しされて現代自動車(3.51%)、起亜車(4.85%)など自動車関連株の上昇率が高かった。SKハイニックス(7.89%)、LGディスプレイ(3.13%)など情報技術(IT)株の雰囲気も悪くなかった。今年に入って不振を免れなかったLG化学(1.15%)、現代重工業(6.90%)など「重厚長大型」種目も反撃に参加した。

先月中旬に調整場が始まって以降、不安な様子を見せていた化粧品・バイオ株も一斉に反騰して「主導株」としての面目を保った。アモーレパシフィック(1.49%)や韓国化粧品(16.42%)、サンソンエレネス(6.69%)など化粧品株が一緒に上昇した。国際薬品(16.67%)、鐘根堂(チョングンダン)ホールディングス(16.53%)、セルトリオン(14.26%)、バイロメド(12.98%)、シージェン(7.20%)など製薬・バイオ株も急騰した。

◆「暗礁」相変わらず対外環境

株式市場が「一息」はついたが、まだ安心するには早いという懸念が去っていない。まず外国人投資家の資金流出が続いているのが大きな負担だ。前日の有価証券市場で7000億ウォン以上純売り越しをした外国人はこの日も5308億ウォン分を売って14取引日連続で韓国証券市場から手を引いた。

危機の「震央」である中国の証券市場がいつ安定するのか、ある程度で下落傾向が止まるのか推測しにくいという点も悪材料に挙げられる。全体輸出の25%ほどを中国に依存している韓国としては、中国経済の動向に大きな影響を受けるほかはないためだ。

ユジン投資証券のイ・サンジェ投資戦略チーム長は「中国市場と中国政府の政策に対する不信が大きい中で中国の証券市場が揺らぎ続ける場合、アジア全域に金融危機が広がって韓国の証券市場も再び下落傾向に転じる可能性を排除することはできない」と展望した。
韓国証券市場、中国不安でも久しぶりに上昇…外国人離脱は依然負担(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP