주요 기사 바로가기

【時視各角】朴槿恵の強硬姿勢に慌てた金正恩(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.25 14:33
0
衛星写真にはケモリの放射砲6門のうち2、3門の前に推進装薬の燃焼跡が見えない。報復砲撃で無力化されたのだ。これにより50余発の追加発射が阻止され、付近の田畑に落ちた弾着群もほとんど偏差なく100メートル以内に落ちた。茂島陣地の幕舎も相当な被害を受けた。立場を逆にして、もし我々が先攻したり観測兵・無人偵察機の誘導を受けたとすれば、北朝鮮陣地は粉砕しただろう。

北朝鮮の砲は事実上、屑鉄の塊りと変わらなかった。あまりにも古いうえ、地下坑道の湿気で砲身の腔線が摩耗したり錆ついたとみられる。一方、ケモリ陣地に繊細な三角形の弾着群を作った40億ウォン(約4億円)のK9は北朝鮮の砲兵にとっては鳥肌が立つ武器だ。今回のDMZ報復砲撃にまさにそのK9が動員された。TOT(Time On Target:発射角を別にして同一標的に同時に3-5個の砲弾を落とす)射撃までしたとすれば凄じいものになったはずだ。ゴムひものぱちんこに向かってM16を自動で攻撃したようなものだ。追加挑発の意欲を失わせるのに十分だ。

朴槿恵の超強硬姿勢に北朝鮮の金正恩が慌てた感じだ。黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、金養建(キム・ヤンゴン)までも交渉に送り出した。北朝鮮は韓米連合訓練と中国戦勝節を無視し、時期からして選択を間違えた。期待した韓国内の葛藤や民心の動揺もなかった。延坪島・地雷挑発はその凄惨な現場が映像に含まれ、我々の対北朝鮮感情を悪化させただけだ。

昨日、朴槿恵は「謝罪と再発の防止なしに拡声器の中断もない」と線を引いた。2年前の開城(ケソン)工業団地閉鎖当時も強硬姿勢で成果を上げた。しかし南北が激しい対決に向かうようですっきりしないのが問題だ。朴槿恵が対北朝鮮政策レベルを大きく引き上げたため、誰が次期大統領になっても超強硬姿勢を見せるしかない。もしかすると南北の協力と平和という言葉が化石化するかもしれない。対決より平和が重要なのだが。

イ・チョルホ論説室長


【時視各角】朴槿恵の強硬姿勢に慌てた金正恩(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP