주요 기사 바로가기

朴大統領「北朝鮮の謝罪と再発防止が最も重要…引くべきではない」

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.24 11:52
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、南北高官接触に関連し、北朝鮮の謝罪と再発防止を促しながら、この二つがない場合には相応する措置を取りながら対北朝鮮拡声器放送も維持すると強調した。

朴大統領は同日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で主宰した首席秘書官会議で「今回の会談の性格は何よりも現在の事態を引き起こした北朝鮮の地雷挑発をはじめ、挑発行為に対する謝罪と再発防止が最も重要な懸案」としながら「これは国家の安保と国民の安全と危機がかかった問題なので、過去と同じように北朝鮮が挑発状況を最大化して安保の威嚇を加えても決して引くべきではないと考える」と話した。

朴大統領は「毎回繰り返されてきたこのような挑発と不安状況を再び繰り返さないようにするためには、確実な謝罪と再発防止が必要」としながら「そうでなければ政府はこれに相応する措置を取って拡声器放送も維持し続ける」と伝えた。

朴大統領は「政府は北朝鮮のいかなる挑発も強力に対応する」としながら「だが、今回の対話がうまく解決できるなら、互いに共生しながら韓半島の平和のために最善を尽くせるだろう」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP