주요 기사 바로가기

<南北高官接触>朴大統領の悪循環中断意志が通じた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.25 08:34
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が24日に板門店(パンムンジョム)の南北高官接触の場に送った断固たる「対北朝鮮メッセージ」が通じた。

朴大統領はこの日の首席秘書官会議で、「今回の会談は挑発に対する謝罪と再発防止が最も重要」とし「北が挑発状況を最大化しても決して退かない」と述べた。北朝鮮が謝罪や再発防止の約束をしなければ「相応の措置を取り、拡声器放送も維持する」と語った。北朝鮮が武力示威を行っていて、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を刺激することもできるが、北朝鮮の地雷挑発や西部前線爆撃問題などを適当に終えることはないという意味だ。

結局、こうした断固たる意志が交渉妥結につながったという評価だ。青瓦台の関係者は「今回の協議は双方がカードをすべて公開した状態で行われるのではないか」とし「朴大統領は背水の陣を敷いた」と話した。

板門店でマラソン協議が行われる中で出てきた朴大統領のメッセージには、「北朝鮮の挑発→危機状況→南側の補償→再挑発」の悪循環をこれ以上繰り返さないという意味が込められている。

ある青瓦台の参謀は「北が接触を提案してきた主な理由は拡声器放送の撤回」とし、「朴大統領は『謝罪なしに拡声器放送の撤回はない』というメッセージを送った」と述べた。また「これが朴大統領が政権発足後から一貫して守ってきた北に対する原則であり、朴大統領のスタイル」と語った。

別の参謀は「今回また徹底せずに退けば北は挑発を繰り返すというのが朴大統領の判断」とし「先週、第3野戦軍司令部を訪問し、『先に措置、後に報告』を強調しながら『精神で勝利してこそ実戦で勝利する』と述べたのも、北に対する断固たる考えを反映したものだ」と説明した。

朴大統領はこの日の会議で「政府は北のいかなる挑発にも強力に対応する」と改めて強調した後、「軍を信じ、将兵の忠誠心を信頼している」と述べた。ただ「今回の対話がうまく解決すれば(北と)お互い共生しながら韓半島の平和のために最善を尽くす」と約束した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP