주요 기사 바로가기

<南北高官接触>第1・2次ともに徹夜交渉…なぜ?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.24 10:23
0
◆第1次接触と会議の中断=第1次接触が始まった時刻は22日午後6時30分。金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長や洪容杓統一部長官ら南側代表団は、京畿道坡州(キョンギド・パジュ)の統一大橋を渡った交渉場所の板門店(パンムンジョム)「平和の家」に先に到着して北側代表団を迎えた。金室長は明るい表情で黄炳瑞(ファン・ビョンソ)北朝鮮軍総政治局長に先に握手を求めた。黄総政治局長も笑顔で応えた。一方テーブルを挟んで向かい合い座った洪長官と金養建(キム・ヤンゴン)労働党統一戦線部長は多少、堅い表情だった。

南北間の長官級以上の高官接触は2007年11月の国防長官会談以降、8年ぶりだ。当初午後6時に予定された接触が30分遅れて始まったのは、北朝鮮平壌(ピョンヤン)時に合わせたという観測が出ている。北朝鮮は15日から時間を30分遅らせた平壌時を適用し始めた。

第1次接触は10時間近く経った23日の明け方4時15分に終了した。交渉を終わらせた後、車両に乗って移動する金寛鎮室長の顔はこわばっていた。政府関係者は「代表4人のうち最も若い洪容杓長官の顔も黄色くむくんでいた。交渉の雰囲気が分かるようだ」と話した。

交渉中ずっと南北は木箱入り地雷および砲撃挑発の問題で立場の差を縮めることができなかったという。南側は北朝鮮が挑発の責任を認めて謝罪し再発防止の約束をすべきだという立場を曲げなかったし、北側は『根拠のないねつ造』という主張で対抗したということだ。北側は対北朝鮮拡声器放送の中断も執拗に要求したという。

閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は22日午前4時53分、第1次接触の中断事実を発表して「双方は最近造成された事態の解決案と今後の南北関係の発展案について幅広く協議した」と明らかにした。前日、金奎顕(キム・ギュヒョン)青瓦台国家安保室第1次長が「現在進行されている南北関係の状況」に関連して接触を持つことにしたと述べたこととは差があった。政府当局者は「南北間に韓国哨戒艦『天安』爆沈、金剛山観光客襲撃事件など『コールドケース(未解決事件)』が積み重なっている。ここに木箱入り地雷および砲撃挑発まで加わりかねない状況で双方が会い、南北間の緊張局面の緩和措置を取るための名分を互いに提供しなければならないという共感があったと見れば良い」と話した。

青瓦台は23日午前、金寛鎮室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)を開いて夜通し交渉結果を点検した。政府は外交チャネルを通じて主要国家とも第1次接触の内容を共有したという。
<南北高官会談>第1・2次ともに徹夜交渉…なぜ?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP