주요 기사 바로가기

鄭夢準FIFA名誉副会長、パリで次期FIFA会長選挙への出馬を宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.18 09:21
0
「世界サッカー大統領」に挑戦状を出した鄭夢準(チョン・モンジュン)国際サッカー連盟(FIFA)名誉副会長(64)の出馬表明は簡潔で悲壮だった。「透明性」と「責任性」を2大キーワードとし旧態と不正で汚されたFIFAを洗い流すと宣言した。長期政権の副作用の可能性を元から断つため、ただ1回、4年の任期にすべての改革を終えるという青写真も明らかにした。

鄭名誉副会長は17日、パリ市内のホテルで記者会見を行い、次期FIFA会長選挙への出馬を宣言した。出馬宣言文で鄭名誉副会長は「次期FIFA会長は現在の深刻な危機を克服し組織を改革できる人物でなければならない」と述べた。鄭名誉副会長は2011年に欧州のあるスポーツ専門紙が「ブラッターFIFA会長に対しどう考えるのか」というテーマで実施したアンケート調査で回答者の95%が「サッカーをだめにする人物」と言及した事例を提示し、「FIFA会長がサッカーファンに揶揄の対象になってしまった現実に胸が痛い」と付け加えた。

鄭名誉副会長は「1904年にここパリでFIFAが初めて出発してから111年にわたり執権してきた8人の会長は事実上全員が欧州出身だった。いまや時代は変わった。FIFAも変わった現実を反映しなければならない。継続性に劣らず変化が重要だ」と非欧州系会長誕生の必要性を強調した。

ジェフ・ブラッター会長(79、スイス)の密室行政に対する批判も鋭くなった。「20年前に初めてFIFAで仕事を始めた時から私は透明性と責任性を促してきた」と強調した彼は、「水面下で、少数によって行われるワールドカップマーケティングと中継権交渉方式は再検討されなければならない。財政委員会、メディア委員会、執行委員会など各分野の専門機関が決定過程に参加して指針も下さなければならない」と話した。鄭名誉副会長は「今回の選挙の核心はブラッター会長が40年間に構築した腐敗体制を今後も継続するかどうかだ。私がFIFA会長になれば4年の任期1回だけ引き受けるだろう。4年以内にFIFAをがらりと変える」と誓った。

鄭名誉副会長はFIFA改革のための8大公約をともに提示した。▽会長と執行委員会、司法機関間の牽制と均衡強化▽FIFA総会の討論機能強化▽会長任期制限▽財政透明性向上▽会長の給与とボーナス、諸費用の公開▽各国サッカー協会財政支援プログラムの合理的運営▽FIFA各種機関内の女性の代表性向上▽女子ワールドカップの位置付け強化だ。

この日鄭名誉副会長は記者会見で競争者であるミシェル・プラティニ欧州サッカー連盟(UEFA)会長(60、フランス)にも矛先を向けた。鄭名誉副会長は「ブラッターとプラティニは父と息子の関係だ。プラティニがどうしてブラッターを敵だと話すのかわからない。プラティニはまだ若い。今回の選挙の候補に出ない方が良い」と話した。

次期FIFA会長選挙は来年2月26日スイス・チューリッヒのFIFA本部で開かれ、209の加盟国が1票ずつ行使する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    鄭夢準FIFA名誉副会長、パリで次期FIFA会長選挙への出馬を宣言

    2015.08.18 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    鄭夢準(チョン・モンジュン)国際サッカー連盟(FIFA)名誉副会長(64)
    TOP