주요 기사 바로가기

【中央時評】鈍感な大統領、軟弱な軍隊(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.12 17:09
0
地雷の爆発は延坪島(ヨンピョンド)砲撃以来5年ぶりに発生した北朝鮮の軍事挑発だ。その間、5、6回のサイバーテロがあったが、武力攻撃はなかった。今回の事態は深刻だ。金正恩(キム・ジョンウン)の最初の挑発であり、韓国哨戒艦「天安」奇襲を繰り返すものであり、3段階報復打撃という韓国の意志をテストするためだ。

過去10年間、この国の指導者は罪のない若者を敵の攻撃に捧げた。2002年の延坪海戦当時、金大中(キム・デジュン)政権は兵士に「先に撃つな」と述べた。敵が国境線を越えて砲を向けても撃たないということだった。2010年には韓国哨戒艦「天安」が攻撃を受けた。奇襲は防ぐのは難しかったが、報復は可能だった。しかしできなかった。魚雷を発見してもできなかった。8カ月後、敵がまた挑発した。今度は島の村が燃えた。にもかかわらず李明博(イ・ミョンバク)大統領と軍指揮部はまともに報復できなかった。1000億ウォン(約106億円)のF-15を飛ばしながらも何もできなかった。ヘルメットのひもが燃えても海兵は勇敢に戦った。軍隊に行っていない大統領は地下壕で限りなく軟弱だった。

この国では指導者と指揮官は生きて、兵士だけが死んだ。このような恥ずかしい歴史があれば、後任の政権は覚悟が格別でなければいけない。ところが朴槿恵(パク・クネ)政権も変わらない。大統領は統帥権を持つ。自分の若い部下2人が敵の攻撃で足を失った。こうした深刻な状況では大統領が国民の前に出てこなければいけない。状況を説明し、対策を述べなければならない。ところが大統領は妙に静かだ。

朴大統領は昨日、英国外相との会談でこの問題を取り上げた。しかし北朝鮮を叱咤することも報復を明らかにすることもなかった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が北朝鮮に責任者の処罰を求めた。しかしそれも大統領の直接話法ではない。大統領は8日、国家安全保障会議にも出席しなかった。女性であり軍隊を知らないため、勉強のためにも主宰するべきだったが、そうしなかった。

国家安保事態の時、安保参謀が女性大統領を補佐することは非常に重要だ。大統領の2大軍事参謀は韓民求(ハン・ミング)国防部長官と金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長だ。韓長官は2010年の延坪島襲撃当時、合同参謀本部議長だった。合同参謀本部の作戦会議である大佐は「飛行機で爆撃するべきだ」と建議した。韓議長は最後まで決断できなかった。事実上、彼は敗将だ。彼の祖父は日帝と戦った英雄的な義兵長、韓鳳洙(ハン・ボンス)だ。その祖父の孫が恥ずかしい記録を残した。退任後、彼は私的な席で戦術の失敗を認めたりした。彼が国防長官候補に挙がると、「敗将がどうやって国防長官になれるのか」という視線があった。彼は「失敗の経験があるため上手くできる」と反論した。
【中央時評】鈍感な大統領、軟弱な軍隊(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP