주요 기사 바로가기

14世紀高麗時代の水月観音図が日本で発見…世界で3点しかない貴重な仏画

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.12 14:48
0
世界で3点しかなかった鳳凰模様がベールに描かれている「水月観音図」が東京で見つかった。

12日、韓国報道機関の東亜日報のインタビュー取材に応じた東国(トングク)大博物館長の鄭宇澤(チョン・ウテク)教授は「日本の個人コレクターが持っていた仏画を東京で鑑定した結果、14世紀の水月観音図であることが分かった」と述べた。

同紙によると、今回発見された水月観音図は縦104.2センチ×横50センチの絹の上に描かれたもので、観音菩薩と善財童子が繊細な筆致で描写されている。

また、観音菩薩を覆っているベールの部分に鳳凰模様が描かれていて、非常に珍しい仏画であることが伝えられた。同紙は、現在、世界で3点しかない鳳凰模様のベールが描かれている非常に貴重な仏画であることが確認されたと伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP