주요 기사 바로가기

韓国青年層64万人、学業終えても就職経験なし(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.24 10:28
0
それでも未来が明るいわけではない。就職準備生10人のうち4人は自分が希望する企業に入社するのは難しいと回答した。就職ポータル「ジョブコリア」が就職準備生にアンケート調査をした結果だ。就職希望企業があると明らかにした391人のうち「現実的に入社は難しそうだ」と回答した人は46.8%、183人にのぼった。次いで「スペックをもう少し高めれば入社できそうだ」(129人、33%)、「よく分からない」(43人、11%)などの順だった。

「現実的に入社は難しそうだ」と答えた183人はその理由に「英語の点数などスペック不足」(54人、29.5%)、「競争率が高い」(42人、23%)、「採用規模が小さい」(42人、23%)、「学閥が良くない」(27人、14.8%)などを選択した。また、就職準備生(全体439人)は最も難しい点に「少ない採用規模」(97人、22.1%)、「スペック作り」(78人、17.8%)、「正確な企業情報探し」(73人、16.6%)などを挙げた。

韓国労働研究院のオ・サンボン労働政策分析室長は「現雇用市場の問題は単に正規職と非正規職、青年と中年の雇用格差で論じるレベルではない。中小事業場の賃金・処遇問題の解決、雇用のミスマッチの解消は長い時間がかかり、多くの努力が必要だが、進んでいかなければいけない方向」と強調した。中央大社会学科のイ・ビョンフン教授は「政府は現在、労働市場の構造改革を通じてこの問題を解決するというが、間違った話ではない。しかし青年の雇用を名分に従来の従業員の処遇を低めてはいけない」と指摘した。
韓国青年層64万人、学業終えても就職経験なし(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP