주요 기사 바로가기

東京大学よりしっかり教える地方大学…金沢工大の秘密(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.07 12:01
0
石川県にある金沢工業大学は1965年に開校した4年制の特性化私立大学だ。工学部、情報フロンティア学部、環境・建築学部、バイオ・化学部の4学部に14の専攻がある。新入生1600人、在学生7000人余りの小さなこの大学の昨年の就職率は95.7%。日本の750の大学で最高水準だ。特に朝日新聞の大学評価で7年連続で教育分野1位になり、「よく教える大学」と定評があった。高校卒業生のうち上位40%の成績の学生を選び、企業が欲しがる人材に育てるものだ。2009年から160人余りの教授全員がこの大学をベンチマークしている韓国技術教育大学研修団と先月31日に金沢工大を訪問した。学期末のプロジェクト発表と期末考査の最中のキャンパスは雪景色が壮観だった。この大学に40年間にわたり在籍し改革を先導してきた福田謙之事務総長に会い競争力の秘訣を聞いてみた。

――7年連続でよく教える大学1位に上がったというので驚いた。

「私たちは東京大学や京都大学のような名門大学ではない。だが、最もよく教える大学と認められている。全国の総長(学長)の評価の結果だ。教育で地方大学の劣勢を克服している」

中央日報が韓国メディアで初めて94年から大学評価をしていると話すと、彼は「評価がなければ発展はない」として親指を立てた。

――どのように教えるとそうした成果を出せるのか。

「選抜競争より教える競争に勝負をかける。率直に新入生成績は上位圏ではなく数学・物理など基礎が弱い。そこで基礎を固めるように教える。わからないことはいつでも個人教習を受けられるよう数理工教育研究センターを運営中だ。中位圏の学生たちはしっかり教えれば教育効果が一番良い」

センターに行ってみると白髪の数学・物理教授OBがいた。個人指導をするように1対1で黒板に問題と解答をすると孫を教えているようでうれしいと話した。
東京大学よりしっかり教える地方大学…金沢工大の秘密(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京大学よりしっかり教える地方大学…金沢工大の秘密(1)

    2012.02.07 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    金沢工大の学生らが「夢の部屋」と呼ばれる夢考房実習室で太陽熱自動車作りの実習をしている。ここにはエンジニア20人が常駐して学生たちのプロジェクトを助けている。
    TOP