주요 기사 바로가기

【コラム】アベノミクスvsクネノミクス(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.20 10:35
0
◆政府、政策の順位とロードマップはあるのか

朴槿恵政権は果たしてどんな政策ロードマップを持って執権したのか気になる。2年半の間、大統領が東奔西走したというが、結果が良くないのには理由がある。

もちろん国会先進化法のため国会に行けば何も出てくるものがなく、昨年のセウォル号沈没事故や今年の中東呼吸器症候群(MERS)事態など変数も多かった。しかし現在の韓国の経済状況は野党や伏兵のせいにしている場合ではない。輸出は6カ月連続で下降線を描き、青年失業難は悪化の一途だ。造船・鉄鋼・自動車など主力産業も競争力を失っている。

朴槿恵政権にはまだ2年以上の時間がある。残りの任期で必ず達成しなければいけない政策の優先順位から決めよう。最も緊急な労働改革が最初に挙げられる。その次は実行計画を立てて頑なに推進しよう。先進化法は大統領が出てきて野党を説得し、突破しなければいけない。いつまでもアベノミクスをうらやんでばかりはいられない。


【劃ラム】アベノミクスvsクネノミクス(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP