주요 기사 바로가기

<若者リポート>20・30代「脱韓国」の理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.24 16:51
0
#ほかの世界は可能だ

「私が分かるのは『何を』ではなく『どのように』の側だ。とりあえず私は毎日笑いながら暮らしたい。夫と私と2人合わせて韓国のお金で年に3000万ウォンだけ稼いでも構わない。家も大きくなくてもいいし、ブランドバックといったものは1つも必要ないし。車はあれば良いけど、なくても構わない。(…)月に1回は夫とデートしなくちゃ。演劇を見たり自転車に乗ったり、海を見たりすること。それと一緒に病院費と老後の心配をせずに暮らせれば、それで充分」(152ページ)

ワーキングガール(26、女性)は韓国を離れたがっている大学生だ。彼女もやはり豪州でワーキングホリデーの時に経験したことが忘れられないといった。

「豪州には公園が多いが、昼間でもパパがスーツ姿で出てきて赤ん坊と遊んでいる様子をしばしば見ました。ただの一度も子供を産みたいと考えたことがないのに、こんな環境なら子供を2、3人産んでも良いと思いました」

ひたすら無計画(23、女性)も余裕があって思慮深い米国人のルームメートに出会ってから外国生活への憧憬を持つようになった。彼女は「韓国とは違って競争があまりないからではないかと思った」と話した。

再び豪州に住んでいるカンガルー会計士の話を聞いてみよう。「豪州では一日8時間以上働く瞬間から時給が150%まで上がります。本当に最高の労働環境でしょう」。

#ユートピアはなかった

「当時私はほかの韓国人は1人もいないシェアハウスで暮らしていたが、そこは本当に最悪だった。(…)リビングではほかの人が騒ぐ声がそのまま聞こえてきたし、誰かがいきなり寝込みを襲ってくるのではという恐れにいつも苦しめられた」(88ページ)

実際に韓国を出てみた者たちは違う話をする時も多い。異国生活が思ったより容易ではないということだ。家族と離れて過ごすのと言葉の問題などが日常を困らせて、ついに韓国に戻ってくる者たちもいる。『韓国が嫌いで』の主人公ケナも豪州生活に苦しめられ韓国にしばらく戻ってきた。

一生社長も豪州に1年間滞在していったん韓国に戻ったケースだ。豪州のリゾートで働いて生活していたが再び韓国行きを選んだ。

「ユートピアのようだと思っていた豪州生活も日常になると大変でした。一生サービスのような仕事だけをしながら生きることはできないと思って再び韓国に戻りました」。

#永遠に韓国を離れる勇気があるか

「出国場で挨拶をして、セキュリティー検査区域に入った。私は逃げるのではない、幸せを求めて冒険に旅立つ、そう考えようと努めた。今回は振り返らなかった。目から涙がポロポロ流れていた」(162ページ)

「空港を出ると適当にすがすがしくて適当に温かい風が吹いて。(…)私自身に。『ハブ・ア・ナイスデー』。そして胸の中で心決心の言葉をつけ加えた。私はこれから本当に幸せになるのだ、と」(188ページ)

『韓国が嫌で』の主人公ケナは豪州に向けて発ち、恋人との関係のために韓国に再び戻った。だが、さほど経過しないうちに韓国での生活についに耐えられず豪州に再び飛んで行った。

昨年末に韓国に戻ってきた一生社長も、ケナのように再び豪州に発つ準備をしている。仕事だけを強要する韓国の文化に耐えるのが難しいという理由からだ。

「死ぬほど働いても家1軒買うのが難しく、結婚も容易ではない韓国でどのように一生を生きていくべきか途方にくれているのです。いつかは永遠にこの国を離れられたらと思いますね」。

一生社長は本当に韓国を永遠に離れられるのだろうか。そして今、韓国が嫌いだという若者たちよ、あなた方には果たしてそんな勇気があるのだろうか。
<若者リポート>20・30代「脱韓国」の理由(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <若者リポート>20・30代「脱韓国」の理由(2)

    2015.06.24 16:51
    뉴스 메뉴 보기
    韓国を離れたり、離れたがっていたりする若者たちの姿。彼らの率直で赤裸々な声を聞くために匿名でインタビューを行った。顔の上に合成した仮面は、各自が住みたがっているか実際に住んでいる国の国旗だ。左上から時計回りに「カンガルー会計士」「ドイツの工科大女子」「一生社長」「ひたすら無計画」の各氏。
    TOP