주요 기사 바로가기

韓国の未来成長動力の技術、米国より平均3.8年遅れ…ロボットは4.2年

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.23 15:13
0
韓国政府が未来成長の動力として推進してきた有望産業の技術力が、米国に比べて4年近く遅れていることが分かった。

23日、未来創造科学部は2014年に韓国政府が育成すると明らかにした未来成長動力分野の第5世代(G)移動通信やスマートカー、知能型ロボット、モノのインターネット(IoT)など13分野で韓国の技術が米国に比べ3.85年遅れていると推定した。

分野別で見ると、第5世代の移動通信の技術格差は2.1年、知能型ロボット4.2年、スマートカー3.7年、モノのインターネット4.2年、深海海洋プラント技術5.6年、災害安全管理スマートシステムは5.7年の格差が広がっていると調査された。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP