주요 기사 바로가기

韓国の建設産業競争力は世界8位…前年比1段階ダウン

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.10 17:30
0
昨年の韓国建設産業のグローバル競争力順位が調査対象国20カ国中8位を記録した。

韓国建設技術研究院は2014年度「国家別建設産業のグローバル競争力総合評価」において韓国が8位を記録したと10日、明らかにした。評価結果によると、20カ国のうち4年連続で米国が1位を占めた。ドイツが2位、中国が3位、スペインが4位、フランスが5位をそれぞれ記録した。韓国は8位で昨年に比べ1段階下落した。

2011年から発表されている同評価は、2項目(建設インフラの競争力評価、建設企業の力量評価)の細部評価指標で構成されている。

2013年に比べ、韓国が同評価でランクを1段階下げたのは、「建設インフラ競争力評価」における建設市場規模(10位→11位)、建設制度(10位→13位)、インフラ(10位→11位)等の指標がすべて下落したことが原因だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP