주요 기사 바로가기

【時視各角】我々が「MERS」を逃した理由=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.03 14:18
0
保健当局は今になって「接触者集団隔離収容空間」を準備する案を講じているという。韓国の伝染病隔離指定病院は全17カ所、隔離治療ができる特殊病床は105床にすぎない。また、そのほとんどが民間病院だ。伝染病患者を受け入れれば他の患者が来ない。2週間ほど病院を閉鎖しなければいけない状況も考えられる。しかしこれに対する被害補償規定はない。病院がそのまま負担を抱え込まなければいけない。

MERSをきっかけに我々が知ることになったのは、わが国には伝染病対応システムがほとんどないということだ。昨年のエボラウイルス恐怖がまだ記憶に新しく、海外発ウイルス防疫の重要性が強調され、対策を準備すると一騒ぎしたが、実際には一つも良くなっていない。

いま我々が期待するのは、保健当局が主張するようにMERSが感染性と変形の可能性が低いウイルスであってくれることだけだ。これに関し、チェ教授は話した。「変形の可能性が低いという主張は、訴訟や法的紛争で医学的な証拠を出さなければいけない時に使う言葉だ。保健当局の予防レベルでは変形の可能性を排除してはいけない。“万に一つ”という可能性を残して備えなければ予防措置はすべて無力化する」。

国際的に通用するマニュアルも無視する保健当局。疾病対策よりも怪談への先制的対応に没頭する関係長官会議。まだ「検討中」という不十分な疾病管理システム。病気が国境を行き来する時代を生きていく大韓民国の現状だ。

ヤン・ソンヒ論説委員
【時視各角】我々が「MERS」を逃した理由=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP