주요 기사 바로가기

「原発は国防問題なのに」…韓国水力原子力「大丈夫」繰り返す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.22 09:09
0
韓国水力原子力内部の原発資料の流出問題が拡大している。韓水原システムをハッキングしたとツイッターなどを通して主張したいわゆる「原発反対グループ(NNPP:No Nuclear Power Plant)」が21日、古里(コリ)原子力発電所2号機と月城(ウォルソン)原発1号機の設計図面を追加で暴露しながらだ。特に彼らは「25日のクリスマスまでに原発稼働を中断しなければ第2の(日本)福島事態が起きる」という威嚇までしてきた。検察は「すべての原発を掌握した」といった脅迫メッセージやハッキング資料が上がってきたネイバーとツイッターユーザーIDとIPアドレスを追跡しているが、身元確認が困難な状況だ。

18日、韓水原の捜査依頼でソウル中央地検の個人情報犯罪合同捜査団(イ・ジョンス団長)が犯人追跡に出た。その後、ネイバーの脅迫文掲示者として大邱(テグ)に住む国内IDユーザーを特定したが、彼は「IDが盗用された」と主張した。検察はこのユーザーのPCが“ゾンビPC”の役割を果たした可能性が高いとみて調査中だ。さらに米国で接続したツイッターIDの身元を把握するには相当の期間が必要とされる見通しだ。

これに先立ち自身を「原子力発電所反対グループ会長ミヘク」と明らかにしたあるネットユーザーはこの日午前1時32分、自身のツイッターに4つの圧縮ファイルがアップされているリンク(URL)を追加公開した。該当リンクは資料共有サイト「Pastebin」だ。かつて国際ハッカー集団アノニマスが北朝鮮関連のハッキング資料を掲載した所だ。ここには古里原発2号機の空調機や冷却システム図面、月城原発1号機のバルブ図面、原発稼働プログラムであるMCNP5・BURN4マニュアルなどが上がってきた。彼は「君たちが機密ではないという主要設計図面10万枚余りを追加公開する」として「クリスマスまでに古里1・3号機、月城1号機の稼働を中断し、その後ニューヨークかソウルで面談しよう。私の安全を保障してお金も負担しなければならない」と話した。文末に「ハワイで」と記した。

原発反対グループは15日、公開予告後の17~21日の間に4回にかけてネイバーブログとツイッター2カ所に原発の内部文書を相次いで掲載した。現在ネイバーブログは閉鎖され、ツイッターアカウントだけが残っている。韓水原職員たちは9日、悪性コードが含まれた電子メールを受けとったことを明らかにした。韓水原が問題を事前に把握して、しっかり対応できなかったのではないかという指摘が出ている。

産業通商資源部と韓国水力原子力は、これまでに公開されたファイル20件余りのうち、原子炉発電制御システムを構成する核心技術の資料はないという立場だ。21日に公開された古里1・2号機の図面は原発の温度・湿度を調節する空気調和系統の図面だというものだ。産業部関係者は「代表的な老朽原発であるこれら3カ所の原発を名指して、国民的な不安感を増幅させようとする試みと思われる」と話した。追加サイバー攻撃に備えて国内すべての原発を対象に22日から安全管理の模擬訓練を実施することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP