주요 기사 바로가기

ウォンの実質実効為替レート7年2カ月ぶりに最高…円・人民元が影響か

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.21 10:28
0
ウォンの実質実効為替レートが再び上昇する勢いを見せている。

21日、国際決済銀行(BIS)によると、4月のウォンの実質実効為替レートは115.34ポイントで2008年2月(118.79)以来、7年2カ月ぶりに最も高い数値を記録した。

実質実効為替レートは世界61カ国の物価と交易比重を考慮して各国通貨の実質的価値を示す指標。100より高ければ基準年度よりその国の貨幣価値が高く評価されていることを意味し、逆に100より低ければ低く評価されていることを意味する。

先月、ウォンの実質実効為替レートが押し上げられた主な要因は円と人民元とみられている。先月、ドルに対する円の平均為替レートは1ドル=119.5円で、1カ月間で円価値が0.7%上昇した。同じ期間、ドルに対するウォンの為替レートは1ドル=1112.57ウォンから1088.66ウォンになり、ウォン価値が2.2%上昇した。

中国の中央銀行である人民銀行の追加利下げ期待が大きくなり、4月の1カ月間、人民元に対するウォン価値が1.5%上昇した点も実質実効為替レートの上昇に影響を及ぼした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP