주요 기사 바로가기

韓国、国家デフォルト危険度が約7年ぶりに最低…日本とほぼ同じ水準

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.18 14:32
0
韓国の国家デフォルトの危険程度を示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムが7年4カ月ぶりに最低値を記録した。

18日、市場情報企業「Markit」によると、韓国の5年 外国為替平衡基金債券(外平債)につくCDSプレミアムは15日の終値基準で46.24bp(1bp=0.01%ポイント)と集計された。

韓国のCDSプレミアムは世界金融危機が発生する前の2007年12月31日(45.0bp)以降、7年4カ月ぶりの最低値になる。ベルギー(43bp)や日本(37bp)とほぼ同じ水準まで落ち、中国(87bp)よりも低い水準だ。

CDSは債券を発行した国家や企業が破産した場合、損失を補填する一種の保険性派生商品だ。デフォルト危険度に比例して加算金利(プレミアム)がつく。CDSプレミアムは数値が小さいほどデフォルトの危険度が低いことを意味する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP