주요 기사 바로가기

「韓国政府、外交を国内政治のように扱って国際孤立招いた」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.04.27 14:41
0
「成完鍾(ソン・ワンジョン)リスト」波紋が国内政治イシューを吸い込むブラックホールに浮上した中、国際的には韓国の国益と直結するイシューが急速に動いている。国内のイシューにばかり視線を向けていられない理由だ。中国の習近平国家主席と日本の安倍晋三首相は22日、インドネシア・バンドン会議で5カ月ぶりに首脳会談をした。29日には安倍首相が米議会で演説する。中国と米国を眺めていた韓国が不意打ちを食らったという批判が出ている。下手をすると孤立を自ら招きかねない局面だ。さらに任期の中間地点を迎える朴槿恵(パク・クネ)政権は、公務員年金改革、景気浮揚など経済・社会的課題にも取り組まなければいけない。中南米の訪問を終えて帰国する朴大統領は厳しい国内外の環境をどう打開していくべきか、康元沢(カン・ウォンテク)ソウル大韓国政治研究所長、キム・ヒョンジュン明知大教授(政治学)、朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大日本研究所長に尋ねた。

--朴槿恵大統領が帰国すれば、すぐに次の首相の人選をしなければいけないが、どのような人がふさわしいと思うか。

康教授=統合型に進まなければいけない。野党と十分に共感を形成し、包容力がある人物を任命するのがよい。形式的であっても野党に意見を求める姿もよいだろう。

朴教授=国民との疎通能力が必要だ。大統領に頭を下げるばかりの人は必要ない。

キム教授=大統領は安定、首相は改革スタイルに進むべきだと考える。与野党が今回、一度合意して改革首相を選ぶのがよいだろう。大統領がよく知らない人の中からも選ばなければいけない。

--「成完鍾リスト」については徹底的な捜査も重要だが、根本的には政治改革が必要だと思われる。

キム教授=大統領はいかなる措置を取っても疑惑を明らかにすると述べた。現在の常設特検か別の特検かをめぐり衝突している。大統領選挙資金など大統領に関係する部分があるのに、特検の任命者が大統領なら受け入れられるだろうか。政治改革は歴代政権が試みたことだが、失敗した。大統領が自分は改革の主体で、残りは改革の対象と見るからだ。核心は大統領が本当に問題を解決する意志があるかどうかだ。この機会に大統領が本当に歴史に残る大統領になりたいのなら、すべてのものを手放さなければいけない。

康教授=2004年のハンナラ党の「車ごと贈賄」波紋当時、政治改革の動きがあった。しかし当時は改悪された部分が多い。地区党の運営にお金がかかるとして地区党をなくし、お金を使えなくした。現実的に政治にお金がかかるのは事実だ。お金のやり取りを透明にすることが改革の核心にならなければいけない。使えなくして、受けられないようにしようという方向は難しい。

朴教授=根絶というのは可能でない。社会的に受け入れられるかどうかが重要だ。すべての人を罪人する改革は現実的でない。合理的であるべきで、公平性がなければいけない。

キム教授=お金がかからない選挙をよく話すが、現実的には今はお金がかからない汚い選挙だ。むしろお金がかかってでもクリーンな選挙になるのが正しい。法定選挙費用限度を現実的に調整し、その中で選挙が行われるようにしなければいけない。米国のように政党ではなく候補が選挙会計の責任を持つようにする必要がある。

--改革の動力を得るためには信頼が回復するべきではないだろうか。

朴教授=朴大統領が国民の中にまた戻らなければいけない。国民に指示する、あまりにも帝王的な大統領になってしまった。大統領選挙当時のようにまた国民と目の高さを合わせなければいけない。過ちは過ちと認め、説得するべきことは説得しなければいけない。

康教授=朴大統領は2004年にハンナラ党が危機に直面した時、救援投手として登場した。今回は本人もある程度かかわっていて危機と見なければいけない。当時の切迫した心情に戻らなければいけない。

キム教授=朴大統領を支持した有権者は、原則と信頼を守る政治家という考えのためだったはずだ。今はこの部分がすべて失われた。そして統治と政治を区分しなければいけない。政治で解くべきことは政治で解くべきだ。セウォル号や成完鍾事態などすべて政治的な問題だ。法や行政の問題ではない。国会や野党に責任を転嫁してはいけない。(中央SUNDAY第424号)
「韓国政府、外交を国内政治のように扱って国際孤立招いた」(2)

「韓国政府、外交を国内政治のように扱って国際孤立招いた」(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国政府、外交を国内政治のように扱って国際孤立招いた」(1)

    2015.04.27 14:41
    뉴스 메뉴 보기
    ブラジルを訪問中の朴大統領が24日午後(現地時間)、サンパウロに到着し、専用機のタラップを降りている。
    TOP