주요 기사 바로가기

【時視各角】韓国経済が失ったもの(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.23 09:32
0
1年が過ぎた最近は変わった。李総裁は9日、崔副首相に直撃弾を飛ばした。「景気回復には財政がある程度の役割をしなければならない」とアドバイスした。言葉が丁寧だからアドバイスだが、事実は「金利のせいだけにせず財政もしっかりすべき」という警告だ。李総裁は先月30日、「通貨政策に影響を与えかねない人たちは(発言に)慎重でなければならない」と発言したりもした。これまでの鬱憤を吐露するようだった。

崔副首相の応酬もトーンが高かった。何日か前にワシントンでのG20会議で、「経済が厳しくなれば金融政策に変化を与えなければならない」としてはばかることなく金利引き下げを要求した。「米国が金利を上げるからと必ず韓国が従わなければならないのか」と問い返すこともした。李総裁はすぐ「金利を3回も低くした国は多くない」と返した。遠くワシントンまで行って天下にはばかることなく互いに相手のせいにするのに忙しい財政(経済副首相)と金利(韓国銀行総裁)。韓国経済の将来がどうなるのかを推測させる。

最近の経済は、韓国銀行と政府が額を突き合わせても容易ではない時だ。不動産と株価は上がるのに輸出は期待ほど増加していない。冷え込んだ消費はまったく回復の兆しがない。バブル活況か回復の青信号か、解釈はまちまちだ。交錯するシグナルがそうでなくても厳しい経済の道を迷わせる。成完種(ソン・ワンジョン)問題に飲み込まれた政治は最初から作動不能だ。このような時に経済指令塔まで方向を逃しては答はない。

財政と通貨(または金利)は二人三脚だ。しっかりかみ合ってこそ回っていく。どちらか一方が意地を張れば1歩も進まずに倒れかねない。二人三脚での勝利の秘訣は単純明快だ。相手に対する配慮と尊重、韓国経済が失ったまさにそれだ。どんなことでも互いに気が合わなければできないというではないか。

イ・ジョンジェ論説委員
【時視各角】韓国経済が失ったもの(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP