주요 기사 바로가기

『アベンジャーズ2』のヒーローたち、韓国を愛することになった理由(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.04.17 15:51
0
1/5
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』来韓公式記者会見が17日、ソウル汝矣島(ヨイド)のコンラッドホテルで開かれた。ジョス・ウィードン監督ら出演者がフォトタイムを持っている。
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(以下、アベンジャーズ2)』のヒーローたちが韓国への「無限の愛」を披露した。韓国人女優“スヒョン”を大事にする思いもやはり格別だった。

17日、ソウル汝矣島(ヨイド)のコンラッドホテルで行われた『アベンジャーズ2』の記者懇談会にはジョス・ウィードン監督をはじめ主演俳優ロバート・ダウニー・Jr.、マーク・ラファロ、クリス・エバンス、スヒョンが参加した。

「小さな作品に大きな関心を寄せてくれて感謝する」というウィードン監督の感謝の挨拶から始まった。

今回の行事のために最も準備をした英雄は、初めて韓国を訪れたマーク・ラファロだった。彼は韓国語で「アンニョンハセヨ(こんにちは)」と挨拶して周辺を驚かせた。さらに「美しいソウルを訪問することになり光栄」とつけ加えた。

昨日、夕食の席で習った韓国語も披露した。「昨日韓国のバーベキューを食べて『コンベ(乾杯)』という言葉を習った」として「コンベ」と大きく叫んだ。終わりの挨拶の時も「アンニョンヒ・ケセヨ(さようなら)」と正確な韓国語の発音を駆使して拍手をもらっていた。

3回目の来韓となったロバート・ダウニー・Jr.は一層余裕ある姿だった。彼の最初の挨拶は「ハロー、アイラブユー」だった。彼は「アイアンマンシリーズが韓国で人気を得て『国際市場でも通じるんだな』という思いをするようになった。韓国は非常に大切な市場」と愛情を伝えた。

昨年韓国を訪問してアクションシーンを撮影したクリス・エバンスに対するうらやましさも隠さなかった。ロバート・ダウニー・Jr.は「韓国の情熱と食べ物がいつもうらやましいと思っていた。私もクリス・エバンスのように韓国で撮影する機会を必ずつくりたい」とつけ加えた。
『アベンジャーズ2』のヒーローたち、韓国を愛することになった理由(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP