주요 기사 바로가기

『アベンジャーズ2』とともに相次ぐ事故、映画大ヒットの予感?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.06 09:23
0
ハリウッドのアクション映画『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』のソウルでの撮影が始まってから起きた大小の事件(?)が話題になっている。

先月30日に最初の撮影が始まった麻浦(マポ)大橋近くで20代の男性の溺死体が見つかったのが初めての事件だった。翌31日には北朝鮮がペクリョン島の北方限界線(NLL)付近の海上に500発余りの砲弾を撃った。さらに翌日には忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)でマグニチュード5.1の地震が発生した。

5日も撮影が行われた清潭(チョンダム)大橋進入ランプ付近で午前6時ごろに小型トラックから出火した。人命被害はなかったが撮影はしばらく中断された。映画界ではこうした事故を映画の「大ヒット」の兆しと考えたりもする。

日曜日の6日は午前4時30分から正午まで7時間30分にわたり江南(カンナム)駅交差点から教保(キョボ)タワー交差点に向かう約730メートル区間で全車線が規制される。反対車線は通常通りに通行でき、付近には迂回道路も設けている。『アベンジャーズ2』の韓国ロケは14日まで続く。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP