주요 기사 바로가기

不便相次ぐ『アベンジャーズ2』撮影、ソウル市は政府に責任転嫁

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.03 09:42
0
2日午前8時、ソウル上岩洞(サンアムドン)のワールドカップ北路。大型ビルの間に出勤途中の会社員があふれていたが、大通りはフェンスで遮られていた。また、あちこちに配置された映画会社関係者たちが「ここに入って来てはいけません。あちらに戻って下さい」と案内していた。自転車で出勤していた会社員(38)は「こんなに広い通りを防いだ上に、歩道まで規制するのはひどい」として不満をぶちまけた。

ハリウッドのブロックバスター映画『アベンジャーズ2』の撮影で、大規模な交通規制が敷かれた上岩洞の朝の風景は混乱していた。先月30日の麻浦(マポ)大橋の撮影と違って平日の午前中から行われたこともあり、混雑はさらに深刻だった。四方が開放された道路で行われるために、現場写真の流出を心配する声もスタッフの間から聞こえてきた。近隣の高層ビルに勤める会社員が撮った写真をツイッターに上げた。キャプテン・アメリカの代役俳優が登場する追撃シーンや自動車衝突シーンを息を飲んで見守った市民の歓声があふれたりもした。

大規模交通規制で市民の不便が続くとソウル市は一歩引いた様子だ。市は先月31日「アベンジャーズ2の撮影支援は、大韓民国の海外マーケティングのために文化体育観光部が決めた事案であり、ソウル市はこれに協力している」として文教体育省に責任を転嫁した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    不便相次ぐ『アベンジャーズ2』撮影、ソウル市は政府に責任転嫁

    2014.04.03 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    映画『アベンジャーズ2』ソウル撮影の様子
    TOP