주요 기사 바로가기

羅卿ウォン外交通商委員長、日本訪問…慰安婦問題など議論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.01 16:11
0
国会外交統一委員長であるセヌリ党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン、3選、ソウル銅雀乙)議員が1日、日本を訪問した。今回の訪問は韓日修交50周年を迎えて冷え込んでいる韓日関係改善のために行われたもので、1泊2日の日程だ。

羅委員長は今回の訪問の間に岸田文雄外相や土屋品子衆議院外務委員長、谷垣禎一自民党幹事長らと面談する。

羅委員長はこの日報道資料を出して「外交通商委員長に就任後、主要国の中で初めての訪問地として日本を選んだ」として「韓日関係の関連中心人物らと幅広い接触を通じて日本軍の慰安婦、終戦70周年の安倍首相談話など主な懸案について深みのある議論をするつもり」と明らかにした。また「国交正常化50周年だが両国が梗塞局面から抜け出せずにおり国会レベルの努力が必要だ」として「最近、成功裏に開催された韓日中外相会議の雰囲気を継続する」と話した。

現在、韓日議員連盟の女性委員長でもある羅委員長は、日本の女性議員との懇談会や在日民団中央本部関係者との面談も行う予定だ。韓日議員連盟所属であるセヌリ党の吉ジョン宇(キル・ジョンウ)議員が同行した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP