주요 기사 바로가기

<インタビュー>「歴史否定する日本、その出発は戦後が米国の強要という考え」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.25 10:50
0
宋:全面的に同意します。歴史的に見れば中国に対し韓国は半周辺、日本は周辺でした。日本が周辺性を完全に反転させることができる論理は情緒の飛躍を通じて可能です。ひっくり返すこと、さっき否定だとおっしゃったでしょう。否定、自分の歴史的位置を反転させ孤立感を解消することでしょう。近隣諸国に孤立感を完全に移転させ自身の反転を試みる情緒が植民主義の底を流れていました。問題は冷戦以降1980年代末から日本に「国民国家」的気流が新たに登場しているという点です。米国の統制が終わってから孤立と否定を克服しようとする政治的気流がそれでしょう。これは韓国や中国もやはり同じことです。

姜:私も同感です。冷戦、すなわち「米国の陰」を考えなければ情緒と感情的基盤がいわゆる孤立から攻撃的な一種の帝国主義へ転換されるメカニズムを理解できません。脱冷戦以降米国との新たな関係を構築しなければならない時、韓日中のうち過去のルーツを否定しようとする力はもしかすると日本が韓国や中国よりも強いと考えます。韓国も過去の植民地時代を否定したがります。だが、過去の屈辱的な植民地時代をどれだけ消そうとしても冷厳な現実として分断、すなわち敵対的分断国家が存在する以上、植民地の歴史を否定できません。ところが日本は現在二重の意味で歴史を否定しようとしています。帝国主義時代、そして戦後の歴史を米国が強要した歴史として否定したがります。現在日本社会内部にこうした「二重の否定」が広がっていると考えます。東アジアで日本が依然として孤立しているという情緒の電圧が極めて増幅されることでしょう。こうした状況の中で過去史をなかなか正面から向き合いにくい感情構造が存在します。

宋:そのお言葉に戦慄を感じます。視線を韓国に移せば多くの内部問題が見えます。現在の勢力構造で日本と中国に比べ韓国が周辺国であるわけです。それなら韓国こそ歴史の矛盾を直視できる位置にあり、また進むべき方向を示すことができるという考えです。植民地とさまざまな苦難をともに体験した韓国こそ解放70年、終戦70年の新たな意味を提示しなければならないのではないのでしょうか。それでこそ韓日中3カ国が突破口を見つけることができます。そうではないでしょうか?

姜:全面的に同感です。おそらく欧州の場合にそうした周辺化された国の国民や知識人が分断と対立を超越する多様な視線を提示してきました。韓国はいわゆる周辺化された状況の中で中国と日本に東アジアの新しい進路を提示しなければならないのですが、一方で韓国の最も大きい問題はやはり日帝の歴史的清算が不足したという点でしょう。日帝の最大協力者が戦後解放された豊かな韓国の基盤を形成したということです。李承晩(イ・スンマン)、朴正熙(パク・チョンヒ)時代に不十分だった親日清算が一種の障害物になったし、それが政党と地域対立など多様な内部分離の大きなリトマス紙になったということでしょう。産業化に成功した韓国が解放70年を迎え韓日関係改善と自国の内的問題を悩む時に解放後の歴史の進化過程に対する明確な合意が形成されていないという点が問題でしょう。

宋:脱冷戦時代に東アジアに再び強い国民国家が登場するのは、国民を育てるのには成功したが市民の創出には失敗したためと判断します。日本も実は明治維新の時に市民でなく臣民を作ったし、すぐに国民になりました。韓国も民主化以降に市民を作ったがまだ国民時代に閉じ込められている。中国は言うまでもなく。市民層の欠乏は東アジア3カ国の共通点です。そのため国が疾走するのを自律的に制御できないのでしょう。さきほど知識人の役割を強調されましたが、互いにぶつかり合い対立する3カ国の政界に対し何か牽制する市民層が必要でないかという気がします。

姜:中国はいまも市民が国民の中で芽生える段階だが、その国民が少しずつナショナリズムから抜け出す方向に向かったりはしません。日本はアジアで最も民主化が高いと知られていますが、臣民から果たして戦後どこまで市民というものが誕生したかを考えれば悲観的でしょう。国民主権が強力に養成されたが真の意味で市民という概念が日本に定着したとは言い難いです。韓国は自らの力で民主化を勝ち取ったという点で例外であり、これは相対的に台湾と似ていますが。しかし現状を見れば国民主義、国民という名前のナショナリズムが市民主義を圧倒しているのは同様です。とにかくここ東アジアの最も大きい問題点は市民主義というものが希薄な状態で国との一体化を進展させようとする動きがより強まっているという点です。
<インタビュー>「歴史否定する日本、その出発は戦後が米国の強要とꊂう考え」(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP