주요 기사 바로가기

【時視各角】リー・クアンユーが朴正熙を尊敬した理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.24 10:24
0
許文会はIRRIですでに開発していた単粒のインディカ種に注目した。多収性だったが韓国人の口に合うジャポニカ種と品種が違うのが問題だった。ジャポニカ種とインディカ種の交配は不可能とされていた。1920年代に日本の農学者によりこの2つを交配しても実らないというのが定説だった。だが許文会は数百回の失敗にもあきらめなかった。インディカ種とジャポニカ種を交配して得た一部の突然変異の種子を単粒インディカ種と交配し繁殖させるのに成功したのだ。

朴正熙は統一稲を強く推した。秋には金堤(キムジェ)平野の畑に直接入り統一稲を一粒ずつ数えた。80~90粒だけだった落ち穂に140粒以上が実っていた。その日の朴正熙はとても気分が良くマッコリの杯を続けざまに空けた。統一稲のおかげでコメが50%以上増産され、77年には自給自足まで成し遂げた。韓民族の天刑だった「春の端境期」が消えたのだ。許文会は2010年に「科学技術者名誉の殿堂」に献呈され、その2カ月後に他界した。

昨年首相候補から辞退した文昌克(ムン・チャングク)の著書『歴史を読む』ではこうした話が目に付いた。「ある共同体が繁栄を享受するには過去の栄光より苦難を記憶しなければならない。ユダヤ人はエジプトでの奴隷生活から脱出した過越祭ごとに車座になり酵母の入っていない固いパンと苦菜を食べる。苦痛の記憶を再確認するものだ」。きのうのリー・クアンユーの訃報に全世界が騒がしい。味にうるさいこの国から統一稲が消えてからも長い。政治家のおかげ(?)でいつの間にか学校の無償給食だけでなく有機農か否かを突き詰めるぜいたくまで享受する。一方では体に良いというなら麦飯も再び求める時代だ。それなら1度ぐらい車座になって過去の統一稲で作ったごはんも食べてみたらどうかと思う。苦痛を記憶し長く繁栄を享受しようというのなら…。

イ・チョルホ論説室長
【時視各角】リー・クアンユーが朴正熙を尊敬した理由(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP