주요 기사 바로가기

首相候補者めぐる朴槿恵大統領の最大の悩みは「親日フレーム」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.06.22 12:16
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が21日夜、6日間にわたる中央アジア3カ国歴訪を終え専用機で帰国した。朴大統領は野党陣営と与党の一部から辞退の圧迫を受けてきた文昌克(ムン・チャングク)首相候補の去就と関連し、世論の推移と政治・社会各界のムードの報告を受け、早ければ22日にも文氏の去就に対し決定を下す見通しだ。

朴大統領は文氏の首相候補維持、指名撤回、自主辞退勧告の3種類の中から政治的負担を最小化する方向で立場を整理するだろうと21日に与党関係者が伝えた。だが、文氏は聴聞会を通じ名誉回復をするという立場を堅持しており、朴大統領が来週初めまで決定を先送りすることもあり得るとの見方も出ている。文氏は土曜日の21日、ソウル市内の事務所には出て来ずに自宅で聴聞会の準備をしていたとされる。総理室関係者はこの日「文氏が聴聞会で疑惑を解消するという立場に変わりはない」と話した。

現在与党セヌリ党内部では文氏の自主辞退誘導や指名撤回の見通しと、合法手続きである聴聞会を実施すべきとの立場が交錯している。チョン・ウテク議員は21日、「聴聞会を開いて採決まで行けば20日以上かかるが、落馬すれば政府は大きな負担を抱えることになる」としてこのように話した。また他の与党関係者は、「文氏に対する聴聞会が開かれれば野党が朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の親日疑惑まで取り上げ朴大統領に新たな負担を与える可能性がある。朴大統領が指名撤回せずに新首相候補者を指名する方式で状況を整理する可能性もある」と伝えた。

先週初めまで文氏の聴聞会推進の方針を確固としていた朴大統領が首相任命同意案決裁を先送りし苦心に陥った背景には、文氏の歴史観が「親日的」という野党陣営の批判が少なからず作用したようだ。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)事情に通じた与党関係者は、「朴大統領は現実的な対日認識を持っているが、父親の親日議論を意識して対日関係は極めて慎重に対応してきた。ところが野党陣営が文氏の発言の一部を問題にし“親日派”と規定したのに続き、朴智元(パク・チウォン)人事聴聞委員長が『政府が聴聞会を強行すれば朴正熙元大統領の親日議論を取り上げるほかない』という意向を明らかにしたことで朴大統領の負担は大きくなるほかない」と話した。(中央SUNDAY第380号)
首相候補者めぐる朴槿恵大統領の最大の悩みは「親日フレーム」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP