주요 기사 바로가기

韓国が開発した多目的実用衛星、26日打ち上げ

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.23 13:16
0
多目的実用衛星アリラン3A号の打ち上げが一週間後後に迫った。

アリラン3A号は今月26日午前7時8分(韓国時間)、ドニエプルロケットを活用してロシアのヤースヌイ発射場から打ち上げられる予定だ。

アリラン3A号は韓国航空宇宙研究院が2006年から8年にかけて2359億ウォン(約253億円)をかけて開発した衛星だ。打ち上げ後、4年間で一日に昼・夜間1回ずつ韓半島(朝鮮半島)上空を過ぎて地上を観測する任務を遂行する。衛星からは地上にある縦横55センチの大きさの物体を識別する電子光学カメラを搭載している。70センチ級のアリラン3号より機能が向上した。

3A号は韓国の衛星中で初めて熱を感知して撮影する赤外線センサーを搭載している。夜や悪天候でも地上の物体を監視することができる。赤外線映像は工場から吹き出る熱を探知でき、工場稼働の有無や火山活動、夜間ヒートアイランド現象などを探知するのに活用される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国が開発した多目的実用衛星、26日打ち上げ

    2015.03.23 13:16
    뉴스 메뉴 보기
    多目的実用衛星3A号(写真=韓国航空宇宙研究院ホームページ)
    TOP