주요 기사 바로가기

日米、新「宇宙基本計画」正式決定…安全保障を強化

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.09 18:39
0
日本政府は9日、今後10年間の宇宙政策の指針を定めた新「宇宙基本計画」を決定した。

日本経済新聞によると、ロケットや人工衛星の破片など「宇宙ごみ(デブリ)」を日本と米国が共同で監視し、両国の通信衛星などとの衝突を回避させる計画だ。また、衛星から位置情報を把握する全地球測位システム(GPS)分野でも相互補完できる体制を整えることにした。

日米防衛協力のための指針には、人工衛星と宇宙有人活動の脅威になる宇宙ごみに対し、日米両国が情報を共有して監視体制を確立し、関連技術を開発する内容などが反映されると同紙は報じた。

GPS分野の協力については、位置情報を高い精密度で測定する衛星を現行1基から7基に増やして日本版GPSを構築する計画だ。また、米国のGPSと協力し、衛星が攻撃を受けたり故障で無力化した場合、もう一方が補完するシステムを構築する計画だと同紙は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP