주요 기사 바로가기

韓国、気象・海洋観測衛星2機打ち上げ企業に「アリアンスペース」選定

ⓒ 中央日報日本語版2015.02.10 15:34
0
気象・海洋の監視・予測のために運営中の「千里眼」の後続衛星として開発が進められている静止軌道複合衛星2機が2018年と2019年、欧州連合(EU)のアリアンロケットに搭載されて打ち上げられる。

韓国未来創造科学部は10日、気象観測衛星である2A号と海洋・環境観測衛星である2B号の打ち上げ(それぞれ2018年5月、2019年3月予定)のための契約をアリアンスペース社と結ぶことを発表した。

未来部や環境部、海洋水産部、気象庁は、複合静止軌道衛星である「千里眼」の後続事業として、2011年から7200億ウォン(約783億円)を投じて静止軌道複合衛星2機を開発している。

未来部と韓国航空宇宙研究院は、打ち上げ会社の選定に応札したアリアンスペース社と米国スペースX社の価格と技術競争力を評価して最終的にアリアンスペース社を選定し、静止軌道複合衛星開発推進委員会がこれを承認したと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP