주요 기사 바로가기

828メートルの最高層ビル、52度傾いたホテル…施工は韓国が最高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.11 09:33
0
2013年6月、双竜(サンヨン)建設に国際電話がかかってきた。マレーシアで最先端ホテルを作っていたインドネシアの会社だった。当時は図面上に存在するだけで、1度も建てたことのない建物だった。インドネシアの会社では実際に設計通りに施工が可能なのかの検討が切実だった。双竜建設は同年8月から年末までの検討作業を経て、設計図に合う施工法を考案して出した。するとインドネシア会社は経営再建中だった双竜建設に8100万ドルの工事を快く任せた。

双竜建設のイ・サンヨプ理事は、「双竜建設は韓国国内よりは海外で難しい建築物をうまく作ることで有名だ」と説明した。双竜建設はシンガポールでも52度傾いたホテルを作り話題となった。世界の有名建設会社が不可能だとあきらめた建物だった。

「選択と集中」。海外建設市場進出50年で韓国の建設会社の施工技術力が世界最高になった秘訣だ。内外で磨いた経験に基づきそれぞれの特技を集中開発した。韓国の建設会社が▽世界初▽世界最大▽世界最高のタイトルをひとつ以上ずつ持つようになったのもこのおかげだ。現存する世界最高層ビルのブルジュ・ハリファを作ったサムスン物産はマレーシアや台湾で超高層ビルを作り技術を蓄積した。そのおかげで世界で初めて地上601メートル、158階までコンクリートを圧送するのに成功した。これまで日本と台湾の企業が持っていた最高記録の地上450メートルを一気に150メートルも上回った。

現代(ヒョンデ)建設とSK建設は韓国で斜張橋や吊り橋を施工した経験を生かし、トルコで世界初の斜張橋と吊り橋の複合橋梁を建設している。韓国での新都市建設経験が多いハンファ建設はイラクで世界最大規模の新都市を作っている。GS建設は石油・化学プラント分野の中でもベンゼンやパラキシレンなど芳香族生産工場部門を集中的に攻略した。これまで5カ国で10件の芳香族生産プラント工事を行った。単一企業では世界で最も多い実績だ。大宇建設はマレーシアの超高層ビル上位5棟のうち4棟を作った。最近では漢江(ハンガン)や良才川(ヤンジェチョン)など河川整備事業の経験に基づきアルジェリアなどに河川整備事業を輸出している。

韓国人特有の誠実さが基盤となった現場管理能力も韓国の建設会社の強力な武器のひとつだ。建設現場は特性上、各種資材や工具、装備、数千人の労働者が一緒に動く。効率的に管理・指揮することで安全事故を防ぎ、納期を合わせたり工事期間を減らしたりできる。

SK建設は1月にサウジアラビアのガスプラント現場で無災害8000万人時を突破した。労働者1000人が毎日10時間ずつ21年11カ月にわたり無事故で工事をすることで達成できる大記録だ。

大林(テリム)産業が2011年にフィリピンで東南アジア最大規模のプラント建設工事となるペトロン石油精製工場を受注できたのも現場管理能力のおかげだった。独自開発したプラント資材管理システムのおかげで工事期間をフランスや日本の競合企業より6カ月以上短縮して入札することができた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP