주요 기사 바로가기

<駐韓米大使襲撃>朴大統領「傷の部分、手術時間、病院まで…私と同じ」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.10 10:38
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が9日、マーク・リッパート駐韓米国大使を見舞った。7泊9日間の中東4カ国歴訪を終えて同日午前に城南(ソンナム)のソウル空港に到着した朴大統領は、リッパート大使が入院中の新村(シンチョン)セブランス病院に直行した。

朴大統領は病院20階の病棟に入るとリッパート大使と握手をしながら「中東歴訪中に大使が襲撃されたとの知らせを聞いて本当に驚いた」と述べた。「私も2006年に似たようなことがあった。すぐにこの病院で2時間半の手術を受けたが、大使も同じようなことに見舞われたと考えると、一層心が痛かった」ともした。朴大統領はハンナラ党代表時代だった2006年、5・31地方選挙を控えて新村での遊説途中に、カッター刃物によるテロに遭遇して顔右側を60余針を縫うということがあった。リッパート大使も顔右側を80余針を縫う手術を受けた。

次は青瓦台が伝えた問答。

▼朴大統領=「その時も医療スタッフが『神が助けてくれた』という話をしたが、今回も『神が助けてくれた』と言っていたと聞いた。何か神のご意思があるのではと思う。その後、私は『これからの人生はおまけだ』と考えて『国と国民のために生きよう』と決心した。大使も今後、国と韓米同盟のために多くの仕事をして下さることだろうと思う。今回、大使が毅然かつ大胆に対処する姿を見て、両国国民が大きな感動を受けた。かえって韓米関係がこれまで以上に近づく契機になったと考える。病床で(ツイッターに掲載した)「一緒に進みましょう」というコメントを見て、韓国国民の心に響きがあった。はやく快復されて、韓米関係と両国のさらなる発展のために永遠に一緒に進むことができればと願う」

▼リッパート大使=「同じ病院で治療を受けたことも深い縁だ。朴大統領や大韓民国政府、韓国国民が表してくれた関心と見舞いに、私はもちろん妻も大きな祝福だと感じ、深い感銘を受けた。私も、おまけで得た人生と時間を家族と韓米両国の関係発展に使うために最善の努力を尽くしたい」
<駐韓米大使襲撃>朴大統領「傷の部分、手術時間、病院まで…私と同じ」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <駐韓米大使襲撃>朴大統領「傷の部分、手術時間、病院まで…私と同じ」(1)

    2015.03.10 10:38
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領が9日午前、リッパート大使を見舞った後、病院関係者と話しながら2006年手術を受けた自身のほおを触っている。朴大統領はハンナラ党代表時代の2006年5月、ソウル市長候補の応援遊説現場でカッターによる襲撃を受けてセブランス病院で右頬縫合手術を受けた。左側からセブランス病院の尹道欽院長、鄭甲泳延世大総長、朴大統領、ユ・デヒョン延世大医大整形外科教授、チョン・ナムシク延世医療院長。(写真=青瓦台)
    TOP