주요 기사 바로가기

24年前に韓国を離れた養子レフスナイダー、米国野球の心臓に立つ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.20 13:14
0
戦後の半世紀間、韓国は巨大な“子ども輸出国”だった。1953年から2006年まで韓国の子ども15万人が国外で養子縁組され、このうち10万人以上が米国に行った。レフスナイダーは91年に米国の家庭に養子縁組された韓国人1800余人の一人だった。この数年間、国外への養子縁組が減ったとはいえ、年200-300人が養子として米国に渡る。ホルト児童福祉会のキム・ビョンス社会福祉士は「韓国は世界的な低出産国となったが、養子として海外に渡る子どもは依然として多い。政府は最近、国内での養子縁組を増やす支援策を進めている」と話した。

米国の家庭は韓国人の養子を好むという。誠実で情に厚いからだ。レフスナイダー夫婦もエリザベスを先に養子として迎えた後、韓国から男の子を求めた。米国の家庭で養子縁組された子どもはほとんど裕福な環境で育つ。しかし思春期の時、必然的に人種差別問題にぶつかる。レフスナイダーのようにうまく克服するケースもあるが、挫折することも多い。米国社会でも養子問題は少なくない。したがって子どもを送る韓国も、子どもを迎える米国も養子の成功を望む。

レフスナイダーは真っ直ぐによく育った。来週から始まるヤンキースのスプリングキャンプに参加する予定だ。彼がヤンキースの主力になれば、私たちは彼について「養子初のメジャーリーガー」「彼の韓国名はキム・ジョンテ」と騒ぐかもしれない。彼を誇りに思う資格があるかどうか分からないが、それでも彼の成功を見て拍手するだろう。

 
レフスナイダーはインタビューに応じるたびに「韓国の母に会いたくないか」という質問を受ける。彼にとってそれは簡単な問題ではない。レフスナイダーは「韓国語と韓国文化を学びたい。しかし韓国の母に会うというのは…(米国の)親の感情も考えなければいけない」と話した。

息子の悩みを母ジェインが知らないはずはない。数年前、母は息子にこのように話したという。「お前がどこにいても、私はお前と一緒だ。お前の生母に会えば、彼女を強く抱きしめたい。そして『素晴らしい子どもを本当にありがとう』と伝えたい」

◆ロバート・レフスナイダー=1991年3月26日生まれ。身長186センチ、体重92キロ。父クリント、母ジェイン、姉エリザベス(韓国から養子縁組)。ラグナヒルズ高校-アリゾナ大学を卒業し、2012年に大学野球最優秀選手に選ばれる。2012年にニューヨーク・ヤンキースがドラフト指名(第5ラウンド)。2015年にニューヨーク・ヤンキース・スプリングキャンプに参加。


24年前に韓国を離れた養子レフスナイダー、米国野球の心臓に立つ(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP