주요 기사 바로가기

【社説】李完九首相の聴聞会…韓国社会の恥ずべき素顔が表れた(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.17 16:53
0
与野党も聴聞会の過程を反省する必要がある。40年前の住民登録抄本まで持ち出す暴き式の聴聞会、二番煎じ・三番煎じ式の質問、怒鳴り声、羞恥心を与える発言は今回も同じだった。増税なき福祉のジレンマをどう解決していくのか、低出生率の問題をどう克服するのかを尋ねる政策討論は、最初から見られなかった。「道徳性・身上の検証は非公開で、政策と資質検証は公開的にし、聴聞会の品格を高めよう」という声は埋もれてしまった。

プライバシーを暴くような人事聴聞会は立派な人材の公職忌避という深刻な副作用を生んでいる。それでも野党は直ちに政権に打撃を与える手段として人事聴聞会を政略的に利用し、与党は是非を問う前に無条件に候補をかばう無能な対処で一貫した。ここまでして人事聴聞会をすれば、その趣旨が色あせてしまう。

地域主義も出てきた。表決を控えて「忠清(チュンチョン)首相を落とせば次の総選挙・大統領選挙を見てろ」という横断幕が登場したのは深刻な問題だ。聴聞会に証人として出席した忠清郷友会名誉会長が野党議員に「忠清道から首相候補が出てきたが、ずっと湖南(ホナム、全羅道)の人たちが(問題を提起を)する」と述べたのは常識以下の妄言だ。このような形で反射利益を得ようとする勢力とは絶対に妥協してはいけない。

一部のメディアも責任を免れない。李候補がオフレコを前提にした発言の録音ファイルを野党に渡したのは、取材倫理を破る行為だ。この機会にすべてのメディアが注意を喚起し、取材倫理を再確認する機会にしなければならないだろう。もう「聴聞会」は終わった。我々の前にはあちこちに支払わなければいけない「請求書」が山積みされている。李首相候補の聴聞会で表れた問題を解決するのに、国民的な知恵を集めなければいけない。
【社説】李完九首相の聴聞会…韓国社会の恥ずべき素顔が表れた(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP