주요 기사 바로가기

ハンガリーにも劣る韓国の労働者への見返り(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.04 09:34
0
勤労所得に対する租税負担率は他の国より低かった。2013年現在韓国は21.4%だった。2000年の16.4%に比較すれば5ポイント高まった。だが、調査対象のOECD34カ国のうち30番目に少ない税金を払う国に選ばれた。27カ国は勤労所得のうち30%以上を税金として払っており、ベルギーとドイツ、オーストリアは50%前後の税金を払った。韓国の租税負担率がこのように低いのは他の国に比べ間接税の割合が高いことにともなう錯視効果を無視することはできない。勤労所得課税対象者のうち税金を1銭も払わない免除者の比率が36%に達するのも租税負担率全体を下げる変数として作用した。

物価の差などを反映した実際の購買力で算出した賃金水準は中上位圏に属した。韓国の税引き前賃金は4万7075ドルだった。OECD加盟国のうち13位に当たる金額だ。ところが税金を払って残る純収入は4万782ドルで6293ドルしか差がなかった。純収入でみると3位に相当する。

―OECD労働所得分配率(単位:%)

※2012年現在の自営業者など非賃金労働者を除いた純賃金労働者報酬基準

1.スイス:58.5

2.米国:53.5

3.デンマーク:52.4

4.フランス:52.2

5.日本:51.9

23.ハンガリー:44.3

24.韓国:43.5

30.ポーランド:37.0

31.ギリシャ:34.2

32.メキシコ:27.0

―低賃金労働者比率(単位:%)

※2012年現在フルタイム労働者のうち中位賃金が賃金の3分の2未満の人の比率

1.米国:25.3

2.韓国:25.1

3.イスラエル:22.1

4.アイルランド:21.8

5.カナダ:21.7

18.日本:14.3

22.スイス:9.2

23.フィンランド:8.9

24.ポルトガル:8.8

25.ベルギー:6.0

―租税負担率(単位:%)

※2013年基準

1.ベルギー:55.8

2.ドイツ:49.3

3.オーストリア:49.1

4.ハンガリー:49.0

5.フランス:48.9

23.日本:31.6

25.米国:31.3

30.韓国:21.4

32.メキシコ:19.2

34.チリ:7.0

資料:OECD
ハンガリーにも劣る韓国の労働者への見返り(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP