주요 기사 바로가기

日本造船業界が猛追撃…韓国が緊張(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.03 11:27
0
日本造船企業の今治造船が16年ぶりに超大型ドックを建設することになり、韓国造船業界が緊張している。今治造船は先月29日、400億円を投資し、香川県に長さ600メートル、幅80メートルに大型クレーン3つを備えた超大型ドックを建設すると明らかにした。このドックでは台湾の海運企業から受注したコンテナ船11隻を建造する予定だ。

同社は最近、自国の船会社から2万500TEU級の超大型コンテナ船6隻も受注した。ウルトラマックス級(約1万8000TEU級以上)超大型コンテナ船市場を事実上独占してきた現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋など韓国造船3社もまだ2万TEU級船舶は受注していない。

業界関係者は「日本が2万TEU級船舶を先に建造すれば、韓国造船業の牙城が揺れる」とし「円安と技術力、安倍政権の支援を背に、日本造船企業が中国よりも速いスピードで韓国を追撃している」と話した。

◆円安・統廃合で日本造船業「復活」

国際造船海運市況分析機関クラークソンによると、昨年、日本造船業界の受注量は780万CGTだった。世界市場シェアは2012年の17.1%から19.7%に高まった。同じ期間、韓国造船業界の市場シェアは31.1%から29.7%に減少した。

過去10年間、韓国造船業界のライバルは中国だった。中国の世界造船市場シェアは2000年代初期まで10%にもならなかったが、政府の全面的な船舶金融支援、造船所の統廃合などで昨年38.6%まで増えた。しかし液化天然ガス(LNG)船や超大型コンテナ船など高い技術力を基盤とする高付加価値船舶分野では韓国が優位を維持してきた。高付加価値の船舶分野で競争するという点で、日本は中国よりも脅威だ。

1980年代まで世界市場を掌握していた日本造船業界は現在、LNG市場に死活をかけている。福島原発事故以降、日本国内のLNG需要が急増し、日本の船会社は新規LNG船の発注を準備しているためだ。日本の新型LNG船は、韓国造船会社が新しい成長動力としてきたLNG船と燃費および性能が似ている。
日本造船業界が猛追撃…韓国が緊張(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP