주요 기사 바로가기

現代車会長の夢…炭素時代を超える光州の水素自動車基地

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.28 13:34
0
現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長(77)が22日に光州(クァンジュ)広域市を訪れた。目的地は光州科学技術院(GIST)だった。技術院の1190平方メートルの五竜館を細かく見回した。ここは現代自動車が主導する「創造経済革新センター」が入る場所だ。これに先立ち鄭会長は昨年12月19日にも光州西区の起亜自動車工場に立ち寄った。ここでも「革新センター」の進行状況について報告を受けた。

鄭会長が光州に力を入れる理由がある。ここを水素自動車に代表される「水素経済」の前進基地として育てるというビジョンのためだ。ガソリン自動車に象徴される「炭素産業」時代を跳び超えてこそ生き残れるという危機感もにじんでいる。こうした鄭会長の「水素プロジェクト」が27日にその1歩を踏み出した。「光州創造経済革新センター」が開設され本格始動したのだ。鄭会長はセンターを通じ、▽自動車創業生態系を作り、▽水素燃料電池自動車産業を育て、▽地域庶民経済も再生する――という戦略を立てた。これに向けた武器は強固なシードマネーだ。現代自動車グループはこの日の開所式で、「光州市、民間投資家などと1775億ウォンのファンドを作った」と明らかにした。

朴槿恵(パク・クネ)大統領も開所式に出席して力を与えた。朴大統領は国産車「ポニー」の挑戦に触れ、「現代自動車が挑戦と成長のDNAを分かち合い、創業者のアイデア開発と事業化を支援するだろう」と明らかにした。特に朴大統領は「光州は小商工人と自営業者が地域経済の主軸となっているが、金融危機後に困難を経験している人が多い」とし、彼らに対する支援が必要だと強調した。それとともに「ここの五竜洞(オリョンドン)という地名は空に昇る5頭の竜がいたところから由来する。無等山(ムドゥンサン)の精気を受け、等級に関係なく共生する“無等”の共同体精神を創造経済に組み合わせ多くの竜(創業者)が出ることを期待する」と述べた。

革新センターの3大課題のうち、まず自動車創業生態系の造成は“隠れた真珠”を探すところから出発する。525億ウォンを投じて優秀なアイデアと技術を発掘し事業化を支援するということだ。このために現代・起亜自動車が保有する1000件余りの自動車特許を電撃公開することにした。創業に不慣れなエンジニアには法律・金融・技術諮問を1カ所で提供する。こうした手続きを通じ毎年10チームを選んで新事業を支援する。

水素燃料電池車両を育成するという戦略には鄭会長の将来の収益源への悩みが込められている。現代・起亜自動車はディーゼルエンジン車、電気自動車などで一歩出遅れた。水素自動車は水素燃料電池を通じ空気と化学反応を起こして電気を作った後モーターを回して走る。日経BPクリーンテック研究所は世界の燃料電池市場が2030年に400兆ウォンに達すると予想した。幸い現代自動車は2013年に水素自動車である「ツーソンix」を世界で初めて量産するなどリードしている。光州革新センターでは今後150億ウォンの「水素ファンド」を投じ、輸入に依存した燃料電池部品を開発する。

光州革新センターは大邱(テグ、サムスン)、大田(テジョン、SK)など既存の4カ所のセンターと違う事業も展開する。伝統市場に「ツアー体験プログラム」などを組み合わせ競争力を育てる計画だ。まず松汀(ソンジョン)駅前の毎日市場と大仁市場で試験事業を行った上で拡大する。17万人に達する光州の小商工人に創業コンサルティングも提供する。

進む道は順調なだけではない。国民大学のユ・ジス総長(自動車産業学会名誉会長)は、「韓国が水素自動車量産に初めて成功したが、普及と拡散では日本に遅れている。具体的なロードマップを実行に移すことが重要だ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車会長の夢…炭素時代を超える光州の水素自動車基地

    2015.01.28 13:34
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領が27日、光州科学技術院で開かれた光州創造経済革新センター設立式に出席した。朴大統領が現代自動車グループの鄭夢九会長と自動車創業アイデアゾーンを視察している(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP