주요 기사 바로가기

“韓国製造業の心臓”蔚山が病んでいる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.26 10:23
0
女性店主は、「昨年のいまごろは午後11時まで営業したが、今年はお客が急に減り遅くまで営業する理由がない。現代重工業の景気の影響をそのまま受けている」と話した。近くの現代重工業に務める労働者が主なお客だった食堂は木曜日と金曜日夕方には15卓のテーブルが常に埋まっていた。予約のお客が半分以上だった。年末には会食予約が相次いだ。だが、現代重工業の業績が大きく落ちた昨年末になり状況が変わった。

協力企業も厳しいのは同様だ。蔚山でプラントメンテナンス事業をする中小企業のユーベックは2012年に1300億ウォン水準だった売り上げが昨年には860億ウォンに落ち込んだ。同社のキム・ヒョンシン代表は、「プラント稼動中断が続き売り上げが500億ウォン台まで落ちるかもしれないという気がする」と心配した。

輸出包装業者のB社は最近従業員数を38人から15人に減らした。それでも月給を払うにはぎりぎりの状況だ。取り引きしていた大企業から輸出減少を理由に取り引き中断を宣言されたためだ。さらに大きな問題は蔚山と韓国の製造業者が患っている不況が優秀人材の大規模離脱につながっている点だ。最近の蔚山石油化学団地で主要エンジニア級人材が海外の関連企業に転職するのはすでに目新しい話ではない。ある大企業系列の石油化学会社は最近工場運営を担当するチーム長クラスの人材がサウジアラビアの石油会社に転職していった。

あるプラント業界関係者は、「韓国の石油化学企業を先進国と比較すると、基礎技術力は20%にも満たないが、プラント運用技術だけは世界のどの国にも遅れをとらない。競争力を支えるプラント運用能力まで海外からの引き抜きで流出しており、このままでは製造業全体が枯死するのではないかと心配だ」と話す。

実際に韓国屈指のある化繊メーカーは数年前に自社の核心エンジニアが中国企業に転職し、自社の主力プラントとその中国企業が新たに建てたプラントが95%以上酷似していたという事実にあっけに取られるほかなかった。

問題は稼働を停止する工場が蔚山だけの特異な現実ではないという点だ。ポスコのマグネシウム製錬工場と現代製鉄の鉄筋生産ライン、大邱(テグ)の繊維加工メーカーのウリム捺染などこの1年間に稼働を止めた生産施設は数え切れないほどだ。

現代経済研究院のペク・ダミ専任研究員は、「韓国の主力産業の競争力を回復するためには主力産業の高技術・高付加価値化が必要だ。核心新素材と部品、融合複合新技術製品のように中国の追撃が困難な新規主力産業を育成しなければならない」と話した。
“韓国製造業の心臓”蔚山が病んでいる(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP