주요 기사 바로가기

俳優ラッセル・クロウ「日帝徴用を経験した韓国なら共感するだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.20 09:26
0
1/3
映画『The Water Diviner』の監督と主演を演じた俳優のラッセル・クロウが28日の韓国公開を控えて初来韓した。クロウは「2人の息子を持つ経験が今回の作品を演出する時に大きな力になった」と語った。
「オーストラリアで活動していた時、毎朝5時に起きてシドニー公園に行き、落ち葉をかき分けて地面に願いを書いた。今考えれば滑稽だが、その時間に起きている俳優は自分一人だと思って願いを誓った。このような努力が今の私を作ったのかもしれない」。

ハリウッドのスター俳優、ラッセル・クロウ(51)の言葉だ。映画『グラディエーター』(2000)ではローマ帝国の戦士マキシマス役を、『レ・ミゼラブル』(2012)では主人公ジャン・バルジャンを追跡する冷血な刑事ジャベール役を熱演したクロウが、今回は自身が初めて演出を手がけた『The Water Diviner』(28日公開)を引っさげ訪韓した。

クロウにとってこれが初めての韓国訪問だ。19日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)のリッツ・カールトンで行われた記者会見で、クロウはジップアップのフードとジーンズを着たカジュアルな姿で登場した。取材陣からフラッシュ洗礼を浴びた彼は、Vサインをしながら韓国語で「新年おめでとうございます」と挨拶するなど愉快な姿を見せた。

映画『The Water Diviner』でクロウは監督と主演を務めている。「この映画のシナリオを読み、全身に鳥肌が立つほど心を奪われた」という彼は、「私が監督になるためにこの映画を選んだというより、この映画が私を監督に選んだのではないかと思う」と明らかにした。

1919年、オーストラリア人のコナー(ラッセル・クロウ扮)が、第1次世界大戦の時に連合軍に参戦してトルコのガリポリの戦い(1915~16)で行方不明になった3人の息子を探しにトルコへ向かうという内容だ。同作は実話が元になっている。

クロウは「ガリポリの戦いによる戦死者は8万人に達する。オーストラリアとニュージーランドは1901年と1907年にそれぞれ英国の植民支配から解放されたが、英国連合軍として第1次世界大戦に動員された」とし「当時出征した多くの若者たちが屍となった」と説明した。続いて「韓国も日帝強制占領期間、第2次世界大戦に強制的に動員された歴史があるが、この映画が描く戦争の喪失感に共感してもらえると思う」と話した。

クロウはニュージーランドで生まれて4歳の時にオーストラリアに移住した。86年演劇舞台で演技をスタートしたクロウは、90年代初頭にハリウッドに渡っていった。その後、『グラディエーター』『ビューティフル・マインド』(2001)等の映画に出演して確かなキャリアを築いてきた。『グラディエーター』のマキシマス役でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、20代からはミュージシャンとしても活動して歌を発表してきた。クロウは一生の大部分を過ごしたオーストラリアについて「オーストラリア人としての自負心を感じている」と明らかにした。

クロウは「俳優として数十本の映画に出演した経験より、2人の息子を育てている父親としての経験がこの映画の演出にあたり多くの力になった」と語った。撮影現場では多くのスタッフが最善を尽くせる環境をつくることが重要だったという。クロウは「子供たちこそ私が生きていく力」としながら「どんな状況でも2人の息子にとって絶対に必要な父でありたい。子供たちとできるだけ多くの時間を過ごすために、最近は音楽活動をかなり減らしている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP