주요 기사 바로가기

中国で日本企業相手に「日帝徴用賠償」訴訟

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.27 08:04
0
第2次世界大戦中、日本に強制連行された中国人労働者と遺族らが日本企業を相手に謝罪と損害賠償を要求する訴状を26日午前、北京裁判所に提出した。韓日関係と同じように中国と日本の間にも強制徴用問題が摩擦要因に浮上する見通しだ。

時事通信によれば訴状を提出したのは計37人で、過去に北海道や福岡県の炭鉱などで強制労働をさせられた中国人労働者と遺族たちだ。彼らは日本コークス工業(元三井鉱山)と三菱マテリアルの2社に対し、労働者1人あたり100万中国元(約1672万円)を支給することと中国・日本の新聞に謝罪広告を掲載することを要求した。訴訟が裁判所に受理されれば1972年に両国が国交正常化して以降、中国内で提起された事実上初めての強制徴用訴訟になる。日本の菅義偉官房長官は「日本と中国間の請求権問題は(1972年の)両国の共同声明以降は存在していない」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP