주요 기사 바로가기

「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.08 09:04
0
大企業の不振はドミノのように協力企業へとつながった。造船資材や機械部品のような分野で一筋に打ち込み成長してきた強小企業が激しく打撃を受けたのだ。8万種類を超える溶接用パイプの継ぎ手を作る聖光(ソングァン)ベンドは2013年第3四半期まで3074億ウォンだった売り上げが昨年は2297億ウォンに25%減った。同社関係者は、「世界の景気が好転するまで待つ以外にこれといった対策がない」と話す。

世界的景気低迷のほかにもこれら企業には技術競争力、為替相場など克服しなければならない難関が数多くある。売り上げが140億ウォン減った重装備部品メーカーの東一(トンイル)金属は日本への輸出比率が60%を超えるが円安のため苦戦中だ。カジノ用モニター世界1位のコーテックはウォン高のため売り上げが20%以上減った。

厳しい環境の中でもひるまず韓国で工場を維持し生産する「メイド・イン・コリア」企業はむしろ韓国政府の逆差別を訴えたりもする。中利多売攻勢の中でも工場を維持し高級爪切り市場で世界1位を守るスリーセブンは最近政府納品過程で辛い経験をした。陸軍に34万個余りの爪切りセットを供給する入札で落ちたのだ。利益を残せない水準となるセット当たり1280ウォンを提示したが、1079ウォンを提示したE社に負けた。E社は中国で製品を生産する。陸軍の購入要求書規定が「すべての材料と加工・組み立ては国内で獲得、製造しなければならない」から、「すべての材料と加工・組み立ては直接獲得、製造しなければならない」に変わり中国製の導入が可能になった。キム・サンムク代表は「中国でも軍物資調達時はメイド・イン・チャイナ製品にまず機会を与える。ただ価格だけを重視する調達政策のため自国市場でも無視されるのが現実だ」と話した。
「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP