주요 기사 바로가기

【コラム】映画1本が何だというのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.06 16:35
0
「私たちは米国文化の最も低級で、最も間抜けで、最も浅はかな形のものを、金を出したり、そうでなければ盗み出したりする者へと輸出している。全世界の知的で鋭敏な人々が米国の大衆文化を笑い話にするのは当然だ」。米国の著名な外交官であり歴史家だったジョージ・ケナン(George Kennan)が言った言葉だ。

ケナンは第2次世界大戦後、米国の対共産圏戦略の根幹となった封鎖政策を立案した人物だ。ソ連の崩壊で冷戦が終わり、唯一超強大国米国の時代が開かれたが、彼は文化力よりも軍事力に偏った米国の将来を暗いものにみていた。ケナンは特に米国の大衆文化に非常に批判的だった。1999年8月11日付「ニューヨークレビュー・オブ・ブックス」とのインタビューで彼は、米国の大衆文化が世界知識人の嘲弄の種になっている現実を嘆いた。さらに「ゴミ」という表現もはばからなかった。

私は米国の大衆文化が低級だとは思わない。創意的で健康的な要素がより多い。『ウェストウイング』『ニュースルーム』『ハウス・オブ・カード』のようなドラマで米国大衆文化の独創性と底力を実感できた。しかしハリウッドのメジャー製作企業であるソニー・ピクチャーズが議論の末に公開した映画『ザ・インタビュー』に関する限り、ケナンの嘆きと憂慮に深く共感せざるをえない。

北朝鮮という現代版の世襲王朝体制の今しがた30歳を過ぎた滑稽な指導者をコメディの素材にしたい映画的想像力は尊重するに十分だ。「チンピラ国家」といっても厳然な主権国家の現職指導者を劇中で暗殺する設定も、表現の自由に属するとみることができる。だとしても、身体の特定部位に関した卑猥なセックスコードをあちこちに挿入して、自ら安モノ・低質のどん詰まりコメディを追求しなければいけないことなのか、私には理解しがたい。いくら少しの間だけ口に入れて捨てるチューインガムのようなB級娯楽作品であっても、このようなものを映画にして堂々と市場に出す厚顔無恥さに驚くほどだ。映画を観ていて最初に浮かんだ考えは、歯磨きをしたいということだった。
【コラム】映画1本が何だというのか=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP