주요 기사 바로가기

北朝鮮を怒らせたこの映画…「どの制裁よりも効果的」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.01 10:47
0
「一つのコメディ映画がどの対北朝鮮制裁より効果的だ」。米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓国部長は、米国が「ハリウッド」で北朝鮮の核問題を解決するきっかけを見つけた、と述べた。米外交専門誌フォーリン・ポリシー(FP)への寄稿と聯合ニュースのインタビューでだ。チャ氏は「過去25年間、米国は北朝鮮に軍事訓練、経済制裁、政治的な孤立措置を通じて圧力を加えたが、すべて効果がなかった」とし「ハリウッドが金正恩(キム・ジョンウン)を本当に困惑させるようだ」と話した。

チャ氏が言うハリウッドカードは、金正恩第1書記を風刺したコメディ映画『ザ・インタビュー』。今年10月10日に公開予定の映画は、スパイダーマンに出演したジェームズ・フランコが出演し、俳優セス・ローゲンが制作・監督・主役を演じた。映画は人気タブロイドテレビショー『スカイラーク・トゥナイト』の司会者デイブ・スカイラーク(ジェームズ・フランコ)と演出者アーロン・ラパポート(セス・ローゲン)がある日、北朝鮮の独裁者・金正恩がこのショーのファンであることを知って始まる。2人はこれを利用し、金正恩へのインタビューを申請した後、平壌(ピョンヤン)に到着する。これを知った米国中央情報局(CIA)が2人を採用し、金正恩暗殺の任務を与え、インタビュー計画はねじれ始める。

セス・ローゲンは最近、ツイッターに映画のポスターと予告編を公開した。予告編は金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)・金正恩の肖像画の前で演奏する北朝鮮の子どもの姿をはじめ、金正恩に扮装した韓国系俳優ランドル・パクがシガレットをくわえる姿など、北朝鮮の指導者を嘲弄する場面が何度も登場する。

これに対し北朝鮮は先月25日、外務省報道官の声明を出し、「露骨なテロ行為であり戦争行為」と反発した。「米政府が映画上映を黙認・保護すれば、断固、無慈悲な対応措置が取られることになるだろう」という脅迫も付け加えた。2004年に金正日総書記を登場させたアニメ『チーム・アメリカ』が公開された当時、北朝鮮はいかなる反応も見せなかった。
北朝鮮を怒らせたこの映画…「どの制裁よりも効果的」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮を怒らせたこの映画…「どの制裁よりも効果的」(1)

    2014.07.01 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    写真=主演俳優セス・ローゲンが公開した金正恩暗殺を扱ったコメディ映画『ザ・インタビュー』のポスター。(写真=セス・ローゲンのツイッター)
    TOP