주요 기사 바로가기

「新年の辞」2割が南北関係…自信にあふれた金正恩(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.02 10:09
0
◆対米関係=金正恩は、国際社会が北朝鮮の人権問題で圧迫してくることに対する不満も強く表わした。彼は「米国とその追従勢力は、私たちの自衛的な核抑制力を破壊して私たちの共和国を力で圧殺しようとする意図が実現できなくなると、卑劣な人権騒動にすがっている」と非難した。それと共に「米国は時代錯誤的な対朝鮮敵の対視政策と無分別な侵略策動に固執せずに、大胆な政策転換をしなければならない」と主張した。

核開発の威嚇も加えた。金正恩は「今日の現実は、私たちが先に軍の旗じるしを高く掲げて核抑制力を中枢とした自衛的国防力を粘り強く築いて国権をしっかりと守ってきたことが、どれほど正当だったかということを明確に実証している」と話した。それから「私たちの社会主義制度を圧殺しようとする敵の策動が継続する限り、先軍政治と並進路線を変わらず堅持する」とした。

◆内政・経済=北朝鮮内部に向けたメッセージにも多少の変化があった。北朝鮮はここ数年間、新年の辞の最初に経済政策を明らかにしていたが今年は「政治思想強国」の建設を前面に出した。金正恩は「党の威力ある武器である思想を握り締めて思想活動を攻勢的に行おう」と強調した。経済分野では農畜水産を3大柱として「人民生活の向上」と「経済強国の建設」を目標にした。観光地・経済開発地域に対する強調も目につく。金正恩は「元山(ウォンサン)-金剛山(クムガンサン)国際観光地をはじめとする経済開発区の開発事業を積極的に押し進めなければならない」と話して金剛山観光再開などが主な対南要求事項になることを示唆した。

金正恩は2012年には新聞の共同社説の形態で新年の辞を発表して2013年からは朝鮮中央テレビを通じて録画放送の形で新年の辞を発表している。
「新年の辞」2割が南北関係…自信にあふれた金正恩(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP