주요 기사 바로가기

韓国、日米中に続き特許出願が世界4位

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.18 15:36
0
韓国が米国や中国ともに世界の知的財産権出願の成長をリードしていたことが分かった。

16日(スイス時間)、国連傘下の世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)が最近まとめた「世界知的所有権統計2014(2014 World Intellectual Property Indicator)」によると、韓国は2013年基準における前年比の特許出願は8.3%、商標出願は10.2%、デザイン出願は7%の増加をそれぞれ記録し、世界の出願増加率(特許9%、商標6.4%、デザイン2.5%)を大幅に上回っていたことが明らかになった。

2013年の国家別特許出願占有率は中国(32.1%)、米国(22.3%)、日本(12.8)に続き韓国(8.0%)が世界4位だ。また、前年比8.3%という増加率は、上位10国家のうち中国(26.4%増)に続き2番目に高い増加率だった。

商標出願は前年より2ランクアップの世界8位を占め、増加率では中国(13.8%)と米国(13.4%)に続き3番目に高かった。デザイン出願は7万件余りで前年と同じく世界3位を維持した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP