주요 기사 바로가기

【時論】ふさがった韓日関係、首脳が会うべき(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.17 13:40
0
今の韓日関係は力と利益をめぐる対立でなく、アイデンティティーと正当性をめぐる葛藤だ。慰安婦問題は日本には安倍首相が話す「美しい国、日本」のアイデンティティーを脅かすイシューであるのかもしれず、韓国にはこの問題が「日本の反省と謝罪」の象徴であり韓日関係を和解と未来志向的に作り出すことができる正当性だ。

このようなアイデンティティーの葛藤は安保・経済協力も難しくする。韓国と日本がお互いアイデンティティーを認め、それをめぐる規範と理念を共有すれば、その次には利害得失を合理的に計算することができる。しかし今のようにお互いのアイデンティティーを否定する葛藤的な関係の中では、日本の集団的自衛権容認は韓国の安保不安感をもたらす、いわゆる「安保ジレンマ」になるしかない。

韓日関係は固定されたものではなく流動的なものだ。葛藤して対立する闘争状態となる可能性もあり、協力と共生の共同体になる可能性もある。重要なのは力、利益とともにアイデンティティーと意味を決める正当性だ。物質的な力と利益は意味と結合しながら新しい国家と国際体制を構成する。韓日関係は協力のための物質的な条件を十分に備えているといえる。ただ、今の韓日関係には和解と未来志向的な共有知識、その意味を決める新しい正当性と権威が不在だ。

このように見ると、慰安婦問題は安保や経済協力イシューに次ぐ重大な懸案だ。慰安婦交渉のレベルを高めなければいけない理由だ。慰安婦問題は両国アイデンティティーの本質を構成する部分だ。したがって韓日両国は最高レベルの外交チャネルを稼働し、首脳が直接動いてお互い認めることができるアイデンティティーを模索し、両国の協力に意味を付与する正当性を創出して合意しなければいけない。難しくてもこの道しかない。

ヤン・ギウン翰林大国際政治学教授
【時論】ふさがった韓日関係、首脳が会うべき(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP