주요 기사 바로가기

「影の人物」噂はなぜ?…「朴大統領はナンバー2置かないスタイル」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.05 09:48
0
パク・グァンチョン警正(警視正)が作成したという「チョン・ユンフェ動向報告文書」には、チョン氏が大統領秘書室長人事まで操る影の人物として描写されている。果たして可能なことなのか。

朴槿恵(パク・クネ)大統領をよく知る人であるほど、それは不可能だと首を横に振る。過去のハンナラ党(現セヌリ党)代表時代から周囲にナンバー2を作らない朴大統領の「統治哲学」のためだ。朴大統領はいくら側近でも、独自の権力を行使すると感じれば直ちに距離をおく。2009年に金武星(キム・ムソン)議員が親李(明博)系の推戴を受けて院内代表を狙うと、「親朴には座長がない」として破門を宣告したのが代表的な例だ。

2012年の大統領選当時、親朴系の元老グループ「7人会」が、朴槿恵候補に影響力を行使しているという報道があった。すると朴候補は直ちに7人会のメンバーを遠ざけ始めた。その一部のメンバーとはいまだにぎこちない関係という。

これほど朴大統領がナンバー2を警戒するのは「10代から青瓦台で生活しながら“帝王学”が身についているため」(匿名を求めた親朴議員)という観測もある。セヌリ党のある親朴系議員は4日、「李明博(イ・ミョンバク)政権の李相得(イ・サンドゥク)議員、李在五(イ・ジェオ)議員、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の李光宰(イ・クァンジェ)氏、安熙正(アン・ヒジョン)氏など歴代政権で側近グループがあったが、現政権では過去のような核心人物はいないと見るべき」とし「それでも世間では繰り返し過去のフレームで誰が影の人物か探そうとするため、チョン・ユンフェ氏や朴志晩(パク・ジマン)EG会長のような人の名前が“チラシ”に出てきたりする」と話した。

朴大統領の手足のような存在である李在万(イ・ジェマン)、チョン・ホソン・アン・ボングン秘書官の青瓦台秘書陣3人の地位も膨らまされているというのが、青瓦台の内部事情をよく知る人たちの伝言だ。ある青瓦台関係者は「いわゆる側近3人は週末もなく一日中仕事に追われて暮らしている人たちだが、その3人が一緒に定期的にチョン氏に会いに江南(カンナム)の飲食店に行くことができるのか」と話した。

別の元青瓦台関係者は「3人は独自の権力を行使する位置にいない。彼らが私的に権力を乱用するスタイルなら、朴大統領があらかじめ遠ざけているはずであり、16年間も周囲に置いているだろうか」と語った。続いて「“仕える方’の意中を尊重しているだけだが、自分たちが影の実力者だというのであきれる、というのが3人のメッセージ」と伝えた。

しかしこうした内部事情を知る人たちは制限されている。セヌリ党でも朴大統領側と特に往来がなかった親李系議員は、今回の事件に対する認識が親朴系と温度差がある。親李系の再選議員は「朴大統領がナンバー2を置かないというが、主要人事の結果を見ると影の人物を仮定しなければとうてい納得できないケースが多いのが事実」と述べた。

朴大統領の核心側近でさえ人事の背景が分からない場合が多く、デマにつながる。実際、現政権の主要要職にはソウル高出身者が多いが、世間ではソウル高出身のチョン・ユンフェ氏が背後にいるという噂が広まった。しかしチョン氏がボイン商高出身と明らかになると、こうした噂は消えた。

セヌリ党のある当局者は「検察が調査すればチョン・ユンフェ文書事件の真相は明らかになるだろう」としながらも「実体もない今回の事件がこのように拡大したのは、朴大統領の権力運営スタイルに起因する部分もある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP