주요 기사 바로가기

韓国、50代の労働者数が20代を初めて上回る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.28 11:03
0
20代の雇用口の質と量が共に悪化していることが明らかになった。求人数が減るなかで良好な雇用口の比重が減少した。

27日、韓国統計庁によると、20代賃金労働者は2012年302万5000人から昨年300万1000人と0.8%減った。同期間、50代の賃金労働者の数は279万9000人から302万7000人と8.1%増えた。50代の労働者数が20代を上回ったのは今回が初めてだ。青年層の経済活動参加率が低下し、人口構造が高齢化している傾向が反映されたというのが統計庁の説明だ。

青年層が好む雇用口も減った。300人以上の大企業の正規職や労働条件が良い金融・保険・国防・行政分野の雇用口だ。韓国職業能力開発院によると、2005年から今年まで「好きな雇用口」で働いている人は255万3000人から300万7000人と45万4000人増えた。しかし同期間の15~29歳の青年層従事者は57万6000人から50万1000人に7万5000人減少した。特に高卒者が良い雇用口をなかなか得られなくなった。

韓国職業能力開発院のオ・ホヨン選任研究委員は「投資活性化を通じて青年層が好む雇用口を創出することが根本処方」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP