주요 기사 바로가기

韓国法務部長官、憲法裁で統合進歩党代表と4時間の舌戦(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.26 16:02
0
黄長官は「100人以上も集まった統合進歩党の党員の行事で『戦争が起きれば爆弾を準備し、あちこちで爆発させよう』という議論が行き来し、ここに現役国会議員までが参加した」とし「時代錯誤的な北独裁世襲政権に追従する勢力」と話した。

李代表は法務部がいかなる根拠もなく違憲政党に追い込んでいると主張した。李代表は「2008年以降、党の最も重要な役割をしてきた私が暴力革命は一度も準備・議論さえしていないのに、なぜ党が暴力革命をすると推測するのか」とし「政府は自ら民主主義と憲法秩序を破壊している」と主張した。

弁論の過程で黄長官と李代表は感性的な話法を駆使したりもした。黄長官は「幼い頃、毎日国旗に敬礼をしながら胸が熱くなったことを思い出す。自由大韓民国を守りたいという念願を憲法裁判所で受け入れることを望む」と述べた。李代表も、非正社員の建設労働者と障害者が「統合進歩党が疎外された人たちの声を代弁してきた」とインタビューで述べた内容の動画を5分間ほど流した後、「進歩政治を守ってほしい」と訴えた。

憲法裁判所は今まで提出された各種証拠を基礎に統合進歩党の違憲性について判断する計画だ。宣告時期は確定していない。ただ、朴漢徹(パク・ハンチョル)所長が先月の国政監査で「年内宣告」に言及しただけに、来月中に宣告する可能性がある。憲法裁判官9人のうち6人以上が「統合進歩党は違憲政党」と判断すれば解散する。「民主的な基本秩序に背く時」という違憲性判断基準を裁判官がどの線まで適用するかがカギだ。チョン・ハクソン韓国外大法学専門大学院教授は「あいまいな基準であるだけに、どれほど厳格に適用するかが解かどうかを決めることになるだろう」と述べた。
韓国法務部長官、憲法裁で統合進歩党代表と4時間の舌戦(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP