주요 기사 바로가기

「EXOスホが親日派の息子? 名誉毀損だ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.13 09:05
0
1/2
EXOのリーダー、スホ
公務員年金改革議論に積極的に参加してきた順天郷(スンチョンヒャン)大のキム・ヨンハ教授(53)が12日、一部ネットユーザーのコメントが本人と息子である人気アイドルグループEXO(エクソ)リーダーのスホ(実名キム・ジュンミョン、23)の名誉を傷つけたとし、警察庁(サイバー安全局)に捜査を依頼した。キム教授は同日弁護士を選任し、17日にソウル中央地検に告訴状を提出する予定だ。

キム教授によると、10日から一部インターネットサイトにキム教授をニューライト(訳註:韓国で2004年から始まった新たな右翼運動)および親日派と関連させたコメントが掲載された。

11日にはキム教授を「親日派」、彼の息子を「親日派の息子」と描写したコメントが載り、これが12日に急速に広がった。キム教授は「中道保守を標ぼうしてきた市民団体『正しい社会市民会議』はニューライトではないと説明したにもかかわらずネットユーザーが親日派と規定し、この団体の活動に参加してきたという理由でおかしな論理を動員しながら私を親日派に仕立てあげた」とし「私は親日派ではない。親日と言われるようなことをした覚えは一切ない」と反論した。キム教授は「故郷が慶尚北道栄州市文殊面(キョンサンプクド・ヨンジュシ・ムンスミョン)だが、我が家は代々農作業をやってきて日帝時代にも親日とは全く関係がなかった」と強調した。

公演のため、現在日本に滞在中のスホは自身を親日派の息子と歪曲されたコメントがインターネットで急速に広がっている事実を知ると、キム教授に電話をして「お父さんは本当に親日派ですか」と尋ねたという。キム教授は「事実無根だと話した」と説明した。

キム教授は「公務員年金改革に抵抗してきた一部の勢力が事実とは異なる悪意の内容をインターネットに組織的に流布し、私の名誉だけでなく息子にも深い心の傷を与えている」とし「法的責任を必ず問う」と話した。一方、相当数のネットユーザーは「確認もされない親日派主張でスホを偏見の目で見るのは問題」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP